サイト作成のポイント

・タイトルの決定
・サイトの構成
・記事の作成
3 つ を 大 事 に
タイトルの決定
まずはキーワードを含むタイトルの設定
タイトル=看板&入り口 アクセスアップ&SEOの両面から考える
・狙うキーワードを左に入れる
・キャッチコピーの要素を持たせる
・32文字以内で

サイト作りは ここからスタート

タイトル=看板&入り口
タイトルを見ずに来る訪問者はいない
惹きつける工夫で アクセスUP 報酬UPを目指す
他のタイトルより目立てば アクセスアップできる
ライバルのタイトルを見て さらなる工夫をしていく
タイトルには狙うキーワードを左に入れる 最も簡単で重要な内的SEO
最低限コレだけは守る!
ページの上位表示に関わる 重要な要素
単純だが忘れないこと キーワードは左

サイトの構成

サイトの構成は? 稼ぎやすいのは1カラムの複数ページサイト
商品が1つであれば、サイトはシンプルでよい
クリック率の高いページ構成 = 1カラム
SEOが安定しやすい = 複数ページサイト
→ 1カラムの複数ページサイト
いくつもページを見せる必要があれば 2カラム以上を選択すればOK
各ページとも基本的にはこの形
広告
文章
これが基本の形
2カラムもこれが基本 ただし、
文章が長い場合、広告は 文章の中に入れてもOK
キーワードが 商品名、会社名、作者名 以外の場合、 上の広告はなくてもOK
ヘッダー
フッター
広告
広告のクリックは成果に直結 クリック率=クリック数÷広告表示回数
20%=20÷100
40%=40÷100
成約率(CVR)が同じだとすると
アクセス数が一緒なら成果は2倍違う
クリック率を 上げる工夫が重要
クリックされるリンクの「書き方」「見せ方」 サイトの目的:商品ページへの誘導
ひと目でリンクと分かるような
「書き方」「見せ方」をする

>> 詳細はココをクリック ↓↓↓お得なウェブ予約はコチラから↓↓↓
記事の作り方
事前の情報収集が重要 文章が書けない = 情報不足

ネタの「量」が質と作成スピードを決める

アバウト、雑さも含め
とにかく「量」を意識して集めること
1.商品ページから抜き出す
2つのステップで情報を抜き出す
1.商品ページ
2.Q&Aサイト
商品の事を知ってから 関連する人を知る流れ
とにかく抜き出すこと
1.商品ページから抜き出す 目的=訪問者の意図と商品を結ぶ

まずは商品をよく知ることが第一

複数の商品で特徴や実績を抜き出すと
比較しながら情報が集めやすくなる
3つ以上の商品で   比較していくのが理想
商品を簡単に説明できるレベルが理想
商品、サービスの特徴を捉えて
パッと説明できるまで調べてみる
店舗数No.1、勧誘なしのミュゼプラチナム 低額月額制の全身脱毛サービスの脱毛ラボ
クリックされるリンクの 「書き方」「見せ方」に
2.Q&Aサイトから抜き出す
Yahoo!知恵袋
http://chiebukuro.yahoo.co.jp/
他ジャンルの悩み、問題へのQ&Aがある
発言小町
http://komachi.yomiuri.co.jp/
Yahoo!知恵袋よりはジャンル狭い
例:Yahoo!知恵袋の検索結果(脱毛)

初心者におすすめの記事の作り方

2つのブロック、記事で文章を作る
1つ目の記事:ここに答えがあることを知らせる 2つ目の記事:商品と答えを強く結びつける
このイメージを持って
1.記事タイトルを2つ決め 2.記事タイトルに沿って文章を2つ作る
記事タイトルの決め方5つのステップ
1.キーワードが持つ意図の予測  → 例:ミュゼプラチナム 口コミ
2.ネタ探しで見つけていた関連情報を探す  → まとめた情報に関連したものがないか探す ※無い場合にはネタを再度探す
3.商品を肯定する情報を探す  → まとめた情報から、商品を肯定できるものを見つける
4.文章の方向性&コンセプトを決める  → 意図と関連情報を結びつけて決定する
5.タイトルを決める
文章のブロックは下記の組み合わせで作る
1.商品を選ぶ時のポイントの説明  良いところを箇条書きなどで説明し、  文章の最後にそれをクリアしているのがこの商品と肯定
2.商品、サービスの実績を推す  成果、実績などわかりやすい数字の情報をまとめて、  メリットを伝える
3.他と比較して商品の良さ紹介する  常識を否定したり、デメリットを伝えた上で  商品の良さをプッシュする
下記3つの組み合わせで文章は作れます
組み合わせの例(ミュゼプラチナム)  
1.商品を選ぶ時のポイントの説明  
2.商品、サービスの実績を推す  の場合
・1つ目の文章 脱毛サロンを選ぶ時に決め手になるのは、値段や安心感。
それは「勧誘なし」「返金保証」で、最初の料金が安く 店舗数も豊富なミュゼプラチナムがオススメです
・2つ目の文章 ミュゼプラチナムは通う人の3割が紹介から。
これは、値段や安心感を得る人が多いという証拠ですよね。 店舗数も160オーバー!人気の脱毛サロンはこちらです。
その他気をつけたいこと
「誰」を意識してみる 商品を買う人、使う人をイメージする
・性別 ・年齢 ・既婚・未婚 ・職業 ・人間関係 ・収入 ・居住地域 ・その他の生活環境
複数の点から 人物像を具体化!
キーワードを無理矢理つめ込まない
文章中にも狙うキーワードを入れる
ただし、自然に入れる
SEO < 訪問者

目的=アフィリエイトリンクのクリック

この1点に集中するのみ
時間をかけすぎない 文章作成の技術向上は日々の積み重ね
・報酬はSEOがあって出るもの
・効率UPを考えるのは情報収集の作業だけ
・サイトはいつでも作り替えができる
「稼ぐため」で「作るため」ではない
訪問者を常に意識することで 徐々に力がついていく
「SEOなのか作るのか」を常に判断
 

  • 詐欺?毎月20万円の現金分配?佐藤みきひろ【THE・FINAL】ザ・ファイナルの裏側を暴露します・・・。
  • マスターシステムゼロ(MASTER SYSTEM)本当に稼げるのか?それとも詐欺?
  • 3.14 エンタメさんの初心者でもはじめられる「超速15分DRM音声講座」第1回~第6回
  • 3.13 第6回 アフィリエイトで稼ぐ4つのポイント:サイト作成編
  • 3.11「メールの王道改」で第20回e-book最優秀賞を受賞されたEhara(エハラ)さんの音声講座をご紹介します。
  • 3.08 第6回 トーマスシステムとは? 「エバーグリーンウェビナーについて」
おすすめの記事