関連記事を表示させるおすすめプラグイン(WordPress)

関連記事を表示させる

別に、プラグインに頼らなくても、WordPressで関連記事は、表示できる。表示は出来るが、簡単に、しかも、クリックしたくなるような表示にするには、プラグインを利用した方がいい。

 

デザイン性を考えると、Milliard Related Pageが、格好が良く、面白いので、訪問者の滞在時間だけを考えれば、使いたいという誘惑にかられる。

 

しかし、優先順位を考えると、記事下には、メルマガ登録フォームを置きたい。何が言いたいか。Milliard Related Pageを導入すると、メルマガ登録フォームを挿入するプラグインよりも、優先的に記事下に挿入されるので、メルマガ登録フォームが目立たなくなる。ということで、今回導入するのは、Yet Another Related Posts Pluginです。

 

Yet Another Related Posts Pluginをインストールする

ワードプレスの管理画面にログインして、プラグイン新規追加の順にクリックして下さい。

プラグイン

検索窓がありますので、Yet Another Related Posts Pluginをコピペして、「enter」キー。

Yet Another Related Posts Plugin

今すぐインストールをクリックし、正常にインストール出来たら、有効化ボタンをクリック。

プラグインのインストール

Yet Another Related Posts Pluginの設定

管理画面のプラグインインストール済みプラグインの順にクリック。

プラグインの設定

設定を選択します。

Yet Another Related Posts Plugin

私が変更したのは、一度に表示する関連記事をに、表示タイプをサムネイルに、ヘッダー:を関連記事はコチラに変更。変更後は、変更を保存をクリックして、表示されているか確認して下さい。

プラグインの設定

ここまでの設定ですと、下図のように表示されますが、私は、納得できません。タイトルが全て、中途半端にしか表示されていません。

関連記事を表示

そこで、プラグインを編集します。プラグインプラグイン編集の順でクリックします。

プラグインの編集

編集するプラグインを選択で、Yet Another Related Posts Pluginを選択して、選択ボタンをクリック。

プラグインの編集2

yet-another-related-posts-plugin/includes/styles_thumbnails.css.phpを探して、選択してください。ctrlキーを押しながら、Fキーを押し、検索窓に、yet-another-related-posts-plugin/includes/styles_thumbnails.css.phpを貼り付けて、enterキー。

検索

 

見つかったら、選択してください。

php編集

下記のソース部分を検索して、1⇒0.8に変更。

次に下記のソース分部を検索して、50⇒80に変更。

最後に、下記のソース部分を検索して、2.8⇒5.6に変更。

変更が終わりましたら、ファイルを更新をクリックして、関連記事の表示内容が変更されているか確認して下さい。