アフィリエイトで稼ぐために、やるべき作業で、大事なことは何か?

今、私がやっている、情報商材アフィリエイトを例に考えてみる。

何故、こんなことを書くのかというと、アフィリエイト実践倶楽部に参加している人で、

記事を書き始めるのが、遅い人が多いからです。

アフィリエイト実践倶楽部では、稼ぐための仕組みの組みたてが、

約1ヶ月で終るのですが、その時点で、記事数が少なくとも、20記事はある筈。

私は、その予定でスケジュールを組んでいる。

ところが、約1ヶ月が過ぎる時点で、

まだ、ブログの格好に拘っている人がずいぶんいるのには、驚きです。本気で稼ぐ気があるのか。

私が、もっと、記事を書くことの重要性を、説明しなくてはいけない。

ブログの格好に拘るのはなぜか?

私が勧めるやり方では、メインブログのワードプレスでは、テンプレートは、賢威を薦めています。

それは、SEOに強いというのもあるのですが、

デザイン面でも、特に手をつける必要がないからです。

最低限度の問合せフォームの設置、メルマガ登録フォームの設置、

プロフィール写真の設定等は、数日で終ります。早い人だと、1日でも十分。

あとは、記事を書きながら少しずつ微調整をしていけばいい。

私は、そう思うので、何か質問がある度、とにかく記事を書き始めることを勧めます。

ですが、プロフィールの写真が、気に食わないとか、

メルマガ登録フォームの記事が、納得できないとか、

プロフィールで手こずっているという理由で、記事が書けないという。

そんな事を言っているうちに、1ヶ月が経ってしまう。

私が、「記事数は、20記事くらいにはなりましたか?」というと、

まだ手を付けていないという人もいる。

アフィリエイトで稼ぐための仕事とは?

私は、アフィリエイトで稼ぐために必要な仕事は、記事を書くこと。

あとは、問い合わせに対する対応。それが仕事ではないかと考えている。

それ以外の事は、作業だ。仕事と作業は違う。

作業は、マネーを生まない。いくら格好よいなヘッダー画像を作っても、

検索エンジンは、ブログを評価してくれない。

いくら、メルマガ登録フォームがかっこよくても、ブログに訪問者が無ければ、

メルマガ読者は増えない。

それなのに、その作業に多くの時間を費やす人が多すぎる。

そして、1日を作業に使い、今日もたくさん仕事をしたと、自己満足する。

本気で稼ぎたい人がとる行為ではない。

人間、楽な方を選択するので、記事を書かなくてよい自己弁護を捜すのです。

「いや。」と否定するかもしれないが、極端な話、記事を書く時間がないのであれば、

ヘッダー画像など、なくてもいい。

トップアフィリエイターの中には、ヘッダー画像がない人だって多い。

彼らは、最低限のデザインは、テンプレートに任せ、自分の仕事をしているのだ。

繰かえし言うが、あなたの仕事は、記事を書くことだ。

記事を書かなければ、ブログへの訪問者もないので、問い合わせの対応という仕事も発生しない。

記事を書かないと、先に進めないということです。

何を書けばいいか分かりません。

記事を書くことを避けていると、本当に、記事を書くことが億劫になってくる。

ですから、無意識に、書かない言分けを見つけるようになり、

挙げ句のはていには、何を書けばいいか分からない。ということになる。

誰でもやれば出来る稼げるウェブサイトの作り方(アフィリエイト編)

上記無料レポートでも説明してるのですが、まずは、書く記事のタイトルを決める。

これは、キーワードを決めるといった方が分かりやすいかな。

例えば、アフィリエイトをこれから始める人が、検索するであろうキーワードは、

大体決まっています。

見つけ方としては、関連キーワード取得ツールにアフィリエイトと入れてみる。

すると、下図のように、検索されているキーワードが出てくる。

⇒関連キーワード取得ツール

関連キーワード取得ツール

「とは」、「b」、「ブログ」、「稼ぐ」、「やり方」、「広告」、「サイト」、「比較」、「本」等々、たくさんのアフィリエイトに関するキーワードが取得できます。

この中から、仮のタイトルを決める。「アフィリエイトとはなにか?」

というありがちなタイトルでも、最初はいい。

ここから、「アフィリエイトとは」で検索して、ヒットする記事を数記事読んでみる。

インプットです。

それから、インプット出来たと思ったら、先ほど考えたタイトルに沿った記事を書いてみる。

アウトプット。ここで大事なことは、他の人の記事を見ながら書くのではなく、

インプットして、自らが思うこと。自らの論評で記事を書く。

あなたが、思ったこと、あなたの考えなので、ミステークということはない。

それに、あなたのブログなのだから、苦情を言われる筋合いはないですよね。

ただ、間違った情報や、ウソはよくありません。

最初は、兎に角思うことを書いていきます。

文の構成、語尾、その他、細かいことを気にせず書いていく。

または、個条書きに、下書をするのもありです。途中で思いついたことを、

付けたしするのもあり。

文字数も気にする必要はありません。自由に書いていけば、

1000文字くらいは、字が並ぶはず。

そう、文章というよりは、最初は、文字を並べる感じかもしれません。

記事を書くという仕事。

記事を書く下準備が出来たら、記事を仕上ていきます。

ここからが、あなたが行う仕事。「記事を書く」がスタート。

一つ一つの文に結びつきがあるか。語尾は、一本調子になっていないか。

主語は抜けていないか。文が分かりやすい表現になっているか。

記事にするために必要なことを考え、記事を書いていきます。

最後に見出しを使うことで、記事の構成を考える。

見出しは、記事の途中での着地点です。

大まかに分けると、「結論」⇒「何故」⇒「具体例」⇒「結論まとめ」という流れが書きやすい。

基本原則はそうですが、あくまで参照程度に考えて下さい。

あなたは、ここで、記事を書くのは、そんなに面倒なの?と思うかもしれない。

しかし、本来、仕事とは、面倒くさいなものではないですか。

それでも、一日一記事書けばいいわけですから、楽な仕事です。

それに、一度書いた記事は、あなたの財産になっていく。

その記事が、ブログに訪問者を呼び、あなたに見込み客を提供してくれる。

記事を書けば書くほど、稼げる可能性が高くなるのですから、

こんなやりがいのある仕事がありますか。

あなたには、そんな仕事が出来る幸運を理解してほしい。

記事を書くことがマネーに係わる。そのことを理解すれば、記事を書くことを逃れるのが、

いかに、馬鹿ばかしいことか分かる筈です。

記事を書くのが億劫。そんなことを言っていたら、アフィリエイトで稼ぐことは出来ない。

アフィリエイトで稼ぐために必要な作業は、1にも2にも、記事を書く仕事の下準備をする事。

それを何より優先に考えて下さい。

あなたが、アフィリエイトで稼ぐために、記事を書き始めることを心から願っています。