SERP(検索結果ページ)のプロの見方

序章

昨日、梅雨が明けましたね。

これから、夏本番ですね。

当講座も、いよいよ、本番です。

秋から、どんどん稼げるように、

今のうちに、基礎と実力を身につけましょう。

本日で序章は、終わりです。

ごく基本的なことで、覚える必要はありませんが、

ページを作成していて、わからないことがでてきましたら、

この序章のページを開いてみてください。

辞書代わりに活用いただければ、うれしいです。

日常、何気なく利用しているSERPに関して、

ネットビジネスでお金を稼ぐものならば、最低限しっておくべきことがあります。

以下の画像を見ながら各項目の表示する意味を理解しましょう。

 

①広告枠
Yahoo!JAPANが行う有料サービス(Yahoo!プロモーション広告)に登録し、
お金を払っているWEBサイトの掲載スペースです。
SEO対策をせずに、お金を払えば誰でも掲載することができます。
②関連キーワード
検索したキーワードに関係するキーワードが表示されます。

ここに表示されるキーワードは、実際に多くの人が検索しているワードですので、

サイト製作時のキーワード選定の参考になります。

なお、関連キーワードを抽出する「goodkeyword」というツールがありますので、SERP上でコピペをする必要はありません。

③タイトル
HTML上の<title>タグに設定した文が表示されます。

HTML記述例.
<title>ココに設定した文</title>

<title>タグに入れる文章は「32文字以内」作成を推奨。33文字以上は「…」と表示されてしまうため。※SERPでのタイトル表示文字数は変更される可能性があります。

■参考ページ
タイトルに魂を込めろ!言葉で人はサイトを見る!

④ディスクリプション=ページ要約
トップページや各ページの要約です。「META description」というものです。

HTML記述例.
<meta name=”description” content=”金スマで話題となっている骨盤ダイエットの方法を詳しく解説しています…” />

meta情報は、WEBページ上には表示されませんが、SERPに表示されます(されない場合もあります)。

「meta description(メタディスクリプション)」は、100~160文字程度で上位表示したいキーワードを盛り込みながら作成します。

理想は100文字前後ですが細かく気にしなくてもいいです。

「meta description」は「title」の情報と同様に、検索結果が表示された際に、

訪問者がサイトを訪れるか判断する貴重な材料となりますので、

スーパーキャッチコピーなどを活用して、魅力的な文章を作成してください。

⑤サイトURL
サイトのURLが表示されます。

ネットの玄人になればなるほど、ここに表示されるURL(ドメイン名等)で、

サイトを見るかを判断しますので、

表示ページを象徴するようなURLを設定しましょう。

なお、検索エンジンも少なからず、このURLの内容をSEOの評価対象としています。

以上、

現段階では分からないこともあったかもしれませんが、

今後の章を学ぶにあたって重要になりますので、頭の隅っこに入れておいてください。

今日のおさらい