タイトル作成の極意

第1章

タイトル設定は、「キーワード選定」にて、基礎を学ぶことができます。

ここでは基礎知識を踏まえた上で、

素晴らしいタイトルを製作するための極意を解説していきます。

タイトル作成は記事本文が書き終ってから行っても構いません。

記事ネタを探そう

ブログの各記事のタイトルを決めるには、どんな記事を書くか「ブログ記事のネタ探し」

で紹介の「ネタ探しに役立つサイト」や

検索エンジンで「ターゲットキーワード」のSERPから片っ端から情報を拾ったり、

便利コムを使って横断的に情報を探していきましょう。

かつ、ネタを集めたいキーワードをGoogleアラートで設定しておけば、

最新のキーワード情報を掴みとることが出来ます。

ターゲットキーワードのスモールワードまで情報を拾いたければ

goodkeywordを使ってサジェストを抽出しましょう。

そして、運営ブログの基柱から外れない情報かを分別しながら、

記事を書くための情報をインプットしていきましょう。

インプットした知識から新しい価値(他の人とは違った情報発信)を

創作できるようになるために、奥行きのあるキーワードに対する理解が肝要です。

アウトプット(新しい価値を提供)する仕度が出来たらタイトルを作成しましょう。

タイトルの作成は記事本文の創成後に行っても構いません。

タイトル総論

ブログ(WEBサイト)における各ページのタイトルは、

ブログ運営の成功(ネットで稼ぐ)ために非常に重要です。

タイトル=ブログ記事の中枢

いくら中味(記事本文)ですばらしいことが書いてあっても、

SERPやソーシャル上で多くの人が目にする「タイトル=title」に関心を持たれなければ、

誰もブログに来ることはありません。

ブログ記事において重要なポイントは下記の順です。

タイトル>冒頭文>本文

珍しい視点や独自の解釈をタイトル文で提案して、

多くの人の注意を惹かなければブログ集客は上手くいきません。

繰り返しますが、どんなにプロ並みの素晴らしい記事を書いても、

「露出部分=タイトル」がダメなら物体無いです。

例えば、ルックスが好みならば、人は関心を示し内面を知りたいと思いますが、

ルックスが好みじゃなければその先はないのです。

Webに関しては書誌にあるような出し惜しみは無用なのです。

WEBでは、簡単に別のWEBサイトへ移転できるので、

どこかよそにWEBサイトに行かないように、タイトルや冒頭文にて

しっかりとユーザーの興味・関心をつかみ取る必要があります。

「サイト名=トップページタイトル」は、

ターゲットキーワードを含めた個性的で覚えやすいものにしましょう。

SERPのタイトル表示に関して

現在では、Google検索の精度が非常に高くなってきており、

記事本文を理解してタイトルを自動生成して表示するようにもなってきています。

よって、タイトルに「ターゲットキーワード」がなくても、

記事上の内容を認識されて、思わぬキーワードでSERP上位表示することがあるのです。

※タイトルにターゲットキーワードを入れなくていいということではありません。

タイトル作製

タイトル作製のポイントを下記にまとめましたので、

作製するタイトルの属性に合わせて認識してみてください。

 

価値有る情報であることを伝える

お得情報があることを匂わせる

記事の重要ポイントを言い広める

意味不明な独創的なタイトルはNG

閲覧者(ターゲット)を意識する

ターゲットキーワードを必ず入れる

タイトル文は32文字以内で作製

不要なワードは極力いれない

単語の列挙はしない

ソーシャルメディアを認識する

魅力的な文にする

以上を踏まえ、便利ツールを活用してタイトル文を作っていきましょう。

タイトル作製便利ツール

ホッテントリーメーカー

ブログのエントリのタイトルを考えるのが苦手な人のために、

はてなブックマークのホッテントリ(HotEntry)になりそうなエントリ名を創作してくれます。

アイデア製造工場

アイデア出しに困っている人のアイデア製造ツールです。

新スーパーキャッチコピー

私が長年の経験から、WEBサイトのタイトルやキャッチコピー(冒頭文)

生成に使ってきた役立つ文を集めました。

テキスト解析デモ–キーフレーズ抽出

文章内でのキーフレーズの重みを判別してくれます。

ターゲートキーワードのSEO対策に活用できます。

まとめ

タイトルはWEBページを見てもらうための機能が中心的ですので、

タイトルで総てを伝えてしまうと、来訪(クリック)してもらえないので気をつけましょう。

※タイトルはWEBサイトに付加価値も与えてくれる。

役立つ情報やお得な情報がきっと見つかるという

「待望感」を閲覧者に与えることが肝要です。

また、タイトルは、WEBサイトを見てもらうためとSEOにおいて肝要であるということを

忘れないでください。

なお、いくら魅力的なタイトルで釣っても、

記事本文が予想にそぐわなければ、

ユーザーの信頼が得られずブログ成功はできません。

タイトルも肝要だが記事本文も肝要なのです。

今日のおさらい