記事の書き方!完全マニュアル


第1章

いかによいタイトルで集客に成功しても、

内容(記事本文)が薄ぺらなら効果は期待できません。

ですので、優れた記事を書くためのキーポイントをマスターしましょう。

ダメな記事?良い記事とは?

まずは失敗しないために、ダメな記事と良い記事を理解しましょう。

ダメな記事の例

WEBサイトジャンルに関係ない情報

ターゲットキーワードと関係ない記事

他サイトのコピペだけで作成された記事

読んでいて下らない記事

役に立たない記事

内容が希薄・値打がない記事

斬新性に乏しい記事

閲覧しづらい記事

閲覧者の立場に立って、

どういった記事なら満足してもらえるかを常に意識して記事を発信していきましょう。

良い記事の例

徹底的な情報量

利用できる情報がたくさん

閲覧者の質問・期待に応えている

いい記事とは、役立つ情報が豊富で、鮮明で的確な情報が掴める記事です。

閲覧者が期待するのは質問や疑問に対する答えです。

利用者が検索をするのは、知識を補うためや疑問・問題点を解消するためが大方です。

繰かえしになりますが、ブログ記事に求められているのは

「検索キーワード=疑問」に対する答えなのです。

利用者も検索エンジンも答えを求めている。

この考え方を知ることが、よい記事を書き、ブログ運営で成功するために必要です。

ですので、記事を書く時は「質問者=閲覧者=ターゲット」を明確に意識しましょう。

どんなネタを探せばいいの?

ネタ探しのポイント

学術上の統計資料

ジャンルの専門的データ

おもしろい話

感動する話

役に立つ話

悩みを解決できるネタ

時節の話題

上記の「ネタ探しのポイント」と「良い記事の例」を頭に入れた上で、

前回の記事でも紹介した「ブログ記事のネタ探し」の

「ネタ探しに役立つサイト」や便利コム、Googleアラート、

goodkeywordを利用して記事ネタを集めましょう。

かなり、ネタが集まったら、良いとこどりをして情報を要約しましょう。

また、インプットした知識から新しい価値(他の人とは違った視点)を創作して提供しましょう。

私の例、1万文字を収集したら、1500文字ぐらいの文章を生みだしています。

※最終的には、半分ぐらいは完全オリジナルの内容になります。

記事を書くコツ

ブログ記事を書くときのいくつかのコツを紹介していきます。

実行の中での重要なポイントとなりますので、記事を書くのが苦手な方は参考にしてください。

序章文=つかみ=締結

記事の序章文はなにより重要です。

WEBでは、ファーストビューを見ての数秒で、

利用者はそのWEBページの内容を読み進めるか判断します。

ですので、序章文で興味・関心を持てなければ離脱してしまうので、

閲覧者が最も興味が惹かれる「つかみ=結論」を冒頭文に持ってきましょう。

「つかみ=結論」を冒頭文に持ってくる。

見出しを早期に決める

理想は、キーワード選定の段階で「タイトル」はもちろん、記事のいくつかの見出しを決めます。

そして、ネタ探しの段階では、各見出しに対しての肉付けをするための情報を集めていきます。

私が実行していく中で、最もやりやすく作業効率が高いと考える方法ですので、

自分なりの作業観点が確立していない方は取り入れてみてください。

なお、経験を積んでいけば、情報の拾捨選択がうまくなり、

ネタを集める段階で作製記事の流れを頭の中でしっかりと構成出来るようになるでしょう。

また、少ない情報量でもネタを膨らませて魅力的な文章をかけるようになるでしょう。

目標1500文字以上

記事が長ければいいというわけではないですが、

検索エンジンへの見え方としては、

記事の長さは価値あるコンテンツの一つの指標となるでしょう。

また、文章量が増えるということは、記事に登場するキーワード数も増えるので、

検索で引っかかるキーワードが増え、アクセス数を増やす可能性を増やすことができます。

ですので、記事内容の充実はもちろんのこと、

1000字以上、出来れば1500字以上ぐらいの文章量を目当とするとよいでしょう。

※文字数はなんもじを使って数えること。

無駄にだらだら書けばよいという事ではありません。

記事の朗読と較正を行う

記事を書き終ったら必ず、一度は読み直してください(出来れば声に出して)。

また、正しい日本語で書かれているかを確認したり、

適度な改行をして、読みやすさを心遣いしましょう。

文章は、思考しながらたくさん書くことによってどんどんうまくなります。

はじめから上手な人はいないので、焦らず経験を積んで、徐々にレベルをあげていきましょう。

ライバルブログをリサーチ

ライバルブログや評判ブロガーの文章を読んで、よいところをどんどん吸収しましょう。

かつ、ライバルブログを読むときは「自分だったらどうする?」

という意識を常に持っていてください。

意識・見方を変えると、ライバルブログから吸収できる情報量が圧倒的に増え、

読んでいるだけでドンドン記事を書くのがうまくなります。

閲覧者を意識する

先にも述べましたが、すばらしい記事を書くには

「質問者=閲覧者=ターゲット」を明確に意識することが非常に重要です。

記事を書く時は、常に読み手側をイマジネイションして発信しましょう。

閲覧者が「なるほど!へぇ~」と思うような記事を発信できるようになればしめたものです。

HTML構文での記事の書き方

倍速でリライト文章を書く方法<!–p>リライトをするにはどういったスキルが必要となるのだろうか?
私は、このことについて非常に悩んだ。

しかし、実際に実行していく中で、

リライト文章を行うにはいくつかのポイントを知るだけでいいことを知った。<!–h2>リライトが上手くなる5つのポイント<!–p>リライトが上手くなるにはたった5つのポイントを

知り実践することが重要であることがわかった。・・・<!–h3>リライトには実践経験が必要<!–p>まず、リライト文章がうまくなるには「実践」を積むのが最善と悟った。

人は経験を積んでいくと、タイピングのスピードが上がるように、

文章を書くのがうまくなるし早くなる。<!–h3>書いたら朗読せよ!<!–p>書いたら声を出して読むことが・・・<!–h3>収集能力を鍛えろ!<!–p>ああああああああああああ・・・<!–感じで、文章を書いていきます。

アフィリエイト記事

アフィリエイト記事で成果を出すには、商品・サービスから、

どのようなメリットを得て、現況の不満足を解消することができるのかを伝えることが重要です。

つまりは、閲覧者が抱える悩み・不満・苦痛を理解し、

商品・サービスによって解消・改善できることを明快に理解させることが出来れば

結果に繋がります。

閲覧者の悩み・不満・苦痛は、WEBサイトにどんなキーワードでアクセスしたかや、

5W1Hに基づいて、閲覧者像を想像すれば掴めるでしょう。

アフィリエイトで結果を出すには、「返報性の原理」「希少性の法則」「3信の法則」

「フット・イン・ザ・ドア」「ドア・イン・ザ・フェイス」等のセールス手法も有効ですが、

基本は顧客の悩み・不満・苦痛を理解し、それに答えることが1番重要です。

なお、お客さんの悩み・不満・苦痛を解消するには、

絶対的な自信を持って、商品・サービスを提案するのはもちろん、

商品・サービスの信用性が重要です。

自信がない言明はお客さんに響かない。

また、情報を盛りすぎると逆に不信感を生みます。

信憑性を得るにはあなたに対する信頼も必要となる。

信憑性を出すには、下記のような内容を提供してあげるといいでしょう。

●●に対する自分の意見

商品のメリット・デメリット

体験談・経験談

核がぶれない発信と断定的表現

あれもこれも商品・サービスを薦めない

口コミ・ランキング

学術上の統計データ(裏付け)

専門的知見

まとめ

情報コンテンツであろうが、アフィリエイト記事であろうが、

重要なのは閲覧者(顧客)を理解して、質問に対する明快な答えを返してあげることです。

検索エンジン、検索者=閲覧者が求めていることは質問の答えです。

この原理原則を理解しておれば、あなたが望むように顧客を誘導し、

あらゆるジャンルの記事で結果を出すことができるでしょう。

ですので、繰り返しになるが、

SEOを考えた上で記事の書き方として以下の2つを頭に叩き込んでおいてください。

検索者=閲覧者、検索エンジンが求める答えを書く

検索キーワードに合致した役立つオリジナルコンテンツが豊富

なお、記事を書くための使いやすいテンプレート(まとめ、Q&A方式等)を作ることや、

日記ブログでは、モバイル端末を活用するとリアルタイム情報を配信できるので、

感情が伝わる、いい記事を作成することができるでしょう。

今日のおさらい