WordPress設定(前編)

いよいよ、ワードプレスの設定です。

あなただけの、サイトが誕生します。

慣れると非常に簡単です。

ロリッポップによる

ワードプレスのインストールは、すでにお伝えしていましたね。

サーバーをロリッポップにされた方は

そちらを参照してください。

第1章

それでは、本格的なブログ運営をするためにWordPressをレンタルサーバーにインストールして、

テンプレートを使って、テーマのインストールから基本設定~実践までを解説していきます。

目次

  1. WordPressインストール
  2. テーマのインストール
  3. 初期設定
  4. プラグインインストール

1.WordPressインストール

最初のレンタルサーバーとして、お薦めしているエックスサーバーを例に、WordPressのインストール方法を解説します。※ドメイン取得とレンタルサーバー契約、レンタルサーバーへのドメイン設定が終わっている前提で解説します。→レンタルサーバー契約

エックスサーバーのサーバーパネル上の、①にて、WordPressをインストールするドメインを選択して「設定対象ドメインの変更」をクリックします。変更後、②「自動インストール」をクリックします。

「プログラムのインストール」をクリック。

WordPress日本語版の「インストール設定」をクリック。

①ディレクトリにWordPressをインストール場合は、

ここにディレクトリ名を入力して下さい。※基本は空白のままでいいです。

①にhttp://●●.com/■■と設定すれば、http://●●.com/■■をサイトトップページとして、ブログを生成できますが、

基本的には私はディレクトリを切ってのサイト運営はお薦めしません。

②任意の「ブログ名」「ユーザ名」「パスワード」「メールアドレス」を入力してください。

なお、「ブログ名」「メールアドレス」は後に変更可能です。

続いて、

③「自動でデータベースを生成する」が選択されていることを確認の上、

④「インストール(確認)」をクリックします。

①のデータを確認・保存後、②「インストール(確定)」をクリックします。

WordPressの自動インストールが完了しましたので、上記箇所のURLにアクセスして見ましょう。

先程、設定した「ユーザー名」「パスワード」でログインします。

ログインURL:http://設定ドメイン/wp-admin/

お疲れ様です。これで無事にWordPressが使える状態になりました。

続いて管理画面を開いたまま次の設定をしていきましょう。

2.テーマのインストール

利用するWordPressテンプレート(テーマ)をインストールします。

テーマで利用したいものを選択してインストールしてください。

※まだ決まっていない場合は、全てのテーマをインストールしておいてください。

「外観」→「テーマ」をクリック。

「新規追加」をクリック。

「アップロード」をクリック。

「参照」をクリックして、TPAからダウンロードしているzip形式のテーマファイルを選択して「いますぐインストール」をクリック。

インストール完了したら「有効化」してください。

これで、インストールしたテーマを使ってブログ運営を行うことができます。

全てのテーマをインストールする場合は、

最初に戻って同じ作業を行ってインストールをしていってください。

3.初期設定

続いてWordPress管理画面にて初期設定をしていきましょう。

一般

まずは「設定」→「一般」を選択します。

「サイトのタイトル」と「キャッチフレーズ」を設定しましょう。

ここでの設定は、「サイトのタイトル=サイトロゴ部分h1テキスト」

「キャッチフレーズ=サイトロゴ部分h2テキスト」に反映されます。

※詳しくはテーマ編集の項目で解説します。

「メンバーシップ」にチェックが入っていたらはずしておいてください。

後は、特にそのままでいいかと思います。任意で変更も可。

全て完了したら「変更を保存」をクリックしてください。

投稿設定

「設定」→「投稿設定」を開き、下記ping(更新情報通知先)を記入します。

http://rpc.pingomatic.com/
http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2
http://bulkfeeds.net/rpc
http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://coreblog.org/ping/
http://ping.bloggers.jp/rpc/
http://ping.blogmura.jp/rpc/
http://ping.cocolog-nifty.com/xmlrpc
http://ping.exblog.jp/xmlrpc
http://www.blogpeople.net/ping/

pingの登録枠がない場合は、次項目の「検索エンジンでの表示」の

チェックを外し保存してから再度確認してみてください。

表示設定

「RSS/Atom・・」を「抜粋のみを表示」にチェック。

「検索エンジンでの表示」にチェックが入っていたらはずしてください。

後の設定は任意で行ってください。

ディスカッション

「投稿のデフォルト設定」の3つをチェック。後は任意で設定してください。

メディア

推奨の設定は上記の通りです。

※4:3=横:縦に設定しましょう。

パーマリンク設定

「投稿名」もしくは、上記画像のように「カスタム構造(/%category%/%postname%/)」で設定してください。

※絶対にこのパーマリンク設定にする必要はない。

カテゴリー

「名前=カテゴリー名」と「スラッグ=url」を設定しましょう。

※カテゴリーは、複数の記事をまとめる任意の名前をつけます。

※テーマ編集の項目でも解説します。

参考サイト

タグの基本【カテゴリとタグとの違いは?】

タグ

「名前」「スラッグ」を設定します。※タグは、カテゴリーを包括または細分する目的で利用してください。

4.プラグインインストール

プラグインとは、WordPressのプログラムに機能を追加・拡張する、外部のプログラムのことをいいます。

WordPressでは数多くのプラグインが作成されていて、

管理画面から簡単にインストールして活用することができます。

ここでは、私がお薦めするブログ運営に大活躍するプラグインを紹介します。

まずはプラグインのインストール方法を解説します。

プラグインを新規追加

メニューの「プラグイン」をクリックして、表示される画面の「新規追加」をクリックします。

インストールしたいプラグイン名を入力して検索します。

表示されているプラグイン名に間違いがなければ「いますぐインストール」をクリックしましょう。

無事にインストールできたら「プラグインを有効化」しましょう。

推奨プラグイン

それでは実際に、下記プラグインを全てインストール→有効化し、

個別にプラグインの詳細設定をしていきましょう。

※必須以外のものは状況に合わせてインストールしてください。

  1. Akismet ※必須
  2. WP Multibyte Patch ※必須
  3. All In One SEO Pack ※必須
  4. BackWPup ※必須
  5. Broken Link Checker ※必須
  6. Google XML Sitemaps ※必須
  7. Post-Plugin Library ※必須
  8. Popular Posts ※必須
  9. TinyMCE Advanced ※必須
  10. WordPress Editorial Calendar
  11. Contact Form 7
  12. Really Simple CAPTCHA
  13. Open Graph Pro
  14. Wordbooker
  15. Simple Tweet
  16. SyntaxHighlighter Evolved
  17. WP-CopyProtect [Protect your blog posts]

Akismet

Akismetとはコメントやトラックバックの内容をサーバーでチェックしてくれるスパム対策サービス。

WordPressにはデフォルトでプラグインがインストールされていますので、後は設定を行うだけです。

参考サイトを見ながら基本設定を完了させましょう。

参考サイト

Akismetを有効化してスパムコメントを防ぐ設定とAPIキーの取得方法

WP Multibyte Patch

WordPressのマルチバイト文字の取り扱いに関する不具合の累積的修正と強化を行うプラグインです。英語圏で作られたWordPressを日本語環境で正しく動作させるために必要となる機能を網羅しています。

ということで、難しい説明はさておき、こちらのプラグインもWordPressにデフォルトで導入されてますので「有効化」しましょう。※有効化するだけで後の設定はありません。

All In One SEO Pack

ブログのSEOに欠かせないプラグインです。有効化後、設定画面から以下の項目を設定していきましょう。なお、All In One SEO Packの全設定を知りたい方は参考サイトも参照していください。

Canonical URLsのチェックは必ず行いましょう。

WEBサイトトップページの<title><description><keywords>を設定します。

meta keywordsの設定です。上記のように設定してください。

各ページのタイトル表示を設定します。基本はデフォルトのままでも構いませんが、「投稿タイトルのフォーマット」のみブログタイトル表示が不要ならば、上記のような設定にしてください。

ブログトップページにて、ターゲットキーワードのSERP上位表示を狙う際はブログタイトルを入れた方がいいです。

Googleウェブマスターツールに登録する際に発行されるコードを入力します。

参考サイト

【最新版】Googleウェブマスターツール完全マニュアル

Google+の個人ページURLを設定することによって、SERP上に著者情報が表示することがあります。

Google Analytics(アクセス解析)をブログに導入できます。

全てのGoogleサービスは同一アカウントで登録してログインできます。

上記は私の「noindex」設定です。

私はカテゴリページ以外のGoogleインデックスをのぞまないので上記のような設定になっています。

タグやアーカイブ等は価値あるコンテンツだと私は思っていないため。

参考サイト

BackWPup

WordPressで運用するブログのバックアップを自動で行ってくれる絶対必須のプラグインです。

BackWPupプラグインの導入方法を解説していますので、参考にしてください。

参考サイト

Backwpupプラグイン最新版の設定方法と使い方を画像解説 

Broken Link Checker

プラグインを有効化し、WEBサイト内でリンクエラーが発生すると

①のように知らせてくれます。

※②を設定しておくとメールにてリンク切れを教えてくれます。

③は任意で設定しましょう。全てチェックしておいてもいいでしょう。

Google XML Sitemaps

参考サイトを参照して登録をします。登録後は、

Googleウェブマスターツールにてサイトマップを送信しましょう。

参考サイト

XMLサイトマップ登録法

Post-Plugin Library

「Post-Plugin Library」は、次のPopular Post等のプラグインを動作させるためだけに必要なものですので、有効化するだけで特別な設定はないです。

Popular Posts

人気記事表示件数は任意で設定してください。以外は画像通りの設定にしてください。

①Outputをクリック。表示画面の②に下記の設定をします。

※Text and codes before the list:には下記を入力してください。

<ul class=”popularpost”>

2column standardと2column Full version

<li><a href=”{url}”>{php: echo get_the_post_thumbnail( {postid},array(100,75) ); }{title}</a><span class=”views”>{postviews}views</span></li>

3column

<li><a href=”{url}”>{php: echo get_the_post_thumbnail( {postid},array(200,150) ); }{title}</a><span class=”views”>{postviews}views</span></li>

後は画像の通りに入力設定してください。

TinyMCE Advanced

TinyMCEAdvancedは、

記事を投稿する際のビジュアルエディタを強力にパワーアップさせてくれるプラグインです。

HTMLに関しての知識がある方は不要かも知れませんが、

初心者の方のために、ビジュアルエディタで簡単に記事投稿をできるようにしていますので、

必ずこのプラグインを活用しましょう。※実際の利用は記事投稿の項目で解説します。

なお、慣れてきて利用方法を理解したら、設定画面の赤枠の項目を追加して利用してもいいでしょう。

参考サイト

TinyMCE Advancedを導入しビジュアルエディターを強化する方法

WordPress Editorial Calendar

有効化後、管理画面のメニュー「投稿」内に「カレンダー」という項目が追加されます。

利用方法は予約投稿したい日付を選択して「タイトル」「記事本文」を入力するだけです。かなり先の投稿まで予約できるし、一覧管理できるので便利です。

なお、その「タイトル」「記事本文」以外の設定を行う場合は、編集をクリックして「アイキャッチ画像」等の設定も行いましょう。

Contact Form 7

ブログにお問い合わせフォームを簡単に設置できます。

まずは、「Contact Form 7」とスパム防止のための措置ができる次の「Really Simple CAPTCHA」をインストール、有効化します。

①に記載の内容を活用してください。※赤字の部分は変更します。

<p>名前 <span class=”red”>(必須)</span><br />
</p>

<p>メールアドレス <span class=”red”>(必須)</span><br />
[email* your-email] </p>
<p>題名<br></p>
<p>本文<br />
[textarea your-message] </p>

<p>[captchac captcha-941 size:m]</p>
<p>上記画像の文字を入力してください。 <span class=”red”>(必須)</span><br>
[captchar captcha-941]</p>
<p>[submit “送信”]</p>

②「タグの作成」のドロップダウンメニューの「CAPTCHA」を選択します。

①に表示されている数字をコード赤字の数字と置き換えて、「保存」をしてください。

保存が完了したら、1つ前の画像の③に表示されているコードをコピーして、固定ページ作成に移ります。

①の「固定ページ」→「新規追加」をクリック。表示されたページの②に「お問い合わせ」③に「編集」をクリックしてフォームに「ask」と入力。④「ビジュアル」エディタに変更して、先程コピーした内容を⑤「記事本文」にペーストして、⑥保存します。

上記のような「お問い合わせ」ページを作成することができます。

Really Simple CAPTCHA

「Contact Form 7」プラグインと一緒に利用することで、上記画像の「4UPL」のようなスパム対策の画像認証を設置することができます。※設定は有効化するだけです。

Open Graph Pro

Open Graph Proは、OGP(Open Graph Protocol)に対応したメタタグを自動的に出力してくれるプラグインです。WordPressをFacebookなどのソーシャルメディアに連携させるのに利用すると便利。

つまりは、ソーシャルをやっていないと力が半減してしまうプラグインですので、FacebookやGoogle+やTwitterのアカウントも作っておきましょう。

特に設定する項目はないのですが、下記の参考サイトを見ればOGPの概要が良く理解できるでしょう。

参考サイト

OGPに対応したメタタグを出力するWordPressプラグイン

Wordbooker

WordPressの記事投稿をFacebookと連動するためのプラグインです。

記事投稿時に、設定した個人FacebookとFacebookページにOGP情報を同期できます。設定方法は参考サイトを確認してください。

なお、「Open Graph Pro」を一緒に活用の際は、下記設定を行わないと、OGP情報が2重に吐き出されてしまうので注意しましょう。

参考サイト

WordPress×Facebook!

Simple Tweet

WordPressの投稿記事をTwitterと連動することができます。参考サイトを参照して、設定を行いましょう。

参考サイト

「Simple Tweet」の設定方法

SyntaxHighlighter Evolved

下記のように、「SyntaxHighlighter Evolved」を使うとWEBコードをブログ上でわかりやすく表示することができます。※ソースコードをブログで公開する際は利用しましょう。

WP-CopyProtect [Protect your blog posts]

ブログ記事の無断転載を防止するためのプラグインです。※無断転載が気になるようでしたら活用してください。

あまりに長くなってきたので、後編で続きを解説していきます。

今日のおさらい