トレンドアフィリエイト攻略

トレンドアフィリエイトとは、ネットビジネス初心者のアフィリエイト手法として人気を集めた方法です。

私も、アフィリエイトで最初に取り組んだのが、トレンドブログアフィリエイトです。

教材は、あの有名なバナナデスクさんの、下剋上です。

この教材で、トレンドブログだけでなく、アフィリエイトの基礎を学びました。

いまでも、わからないことがあれば、教材を開いてみています。

動画とファイルが、同時進行で、とても、わかりやすい教材です。

現在は下剋上∞となって、バージョンアップしていますね。

こちらは、入手していないので、どのように、バージョンアップしたかは、

定かでは、ありません。そして、今では、この教材はおすすめしていません。

下記を読み進めていただければ納得していただけるでしょう。

それでは、トレンドアフィリエイトについて、お話をすすめましょう。

トレンドアフィリエイトとは、リアルタイムで話題になっている出来事まさに、トレンドをブログ記事にして、

SERP(Search Engine Result Page:検索結果ページ)上位表示を達成し、

アクセスを集めて稼ぐ方法です。

話題のキーワードは、瞬間的に数万回以上の検索がされるので、

ブログ記事をSERP上位表示させれば、莫大なアクセスを拾うことができるのです。

具体的なやり方は、ヤフー人気急上昇ワードランキングGoogleトレンド急上昇ワードを確認して

「キーワード選定」し、ブログ記事を作ります。

例えば、「ソチ五輪」というキーワードがヤフー人気急上昇ワードに上がった時に、

「ソチ五輪」というキーワードのSERPでの関連キーワードを確認してブログ記事を書きます。

例えば、「ソチ五輪」の関連キーワード(赤枠)「ソチ五輪 日程」「ソチ五輪 日本代表」「ソチ五輪 開会式」「ソチ五輪 キャスター」

から次のようなタイトルを作成します。

(タイトル例)
ソチ五輪の日本代表メンバーの競技日程まとめ

という感じに「タイトル」を決めて記事を書きます。

簡単ですよね。

それでは、より具体的にトレンドキーワードを活用して、

アフィリエイトで稼ぐための方法を解説していきます。

目次

  1. トレンドアフィリエイト基本概念
  2. WEBサイトジャンル設定
  3. キーワード選定(トレンドバージョン)
  4. 稼ぐためのテクニック
  5. トレンドキーワード真骨頂

1.トレンドアフィリエイト基本概念

トレンドアフィリエイトを行うにあたって、

まずはじめに、私のオリジナルルールを先に述べておきます。

無料ブログNG

無料ブログはやめてください。

アメブロにはじまり、ルールが緩いFC2までサイト削除が頻発してます。

これ以外に、シーサーブログ、ライブドアブログ、ソネットブログと

無料ブログは、ほぼすべて、使い倒しました。

ソネットブログで、1000記事書いたメインブログが削除されたことがあります。

FC2では、アダルトの規制にひっかかり、何度も削除されました。

そのため、無料ブログで資産構築(ブログ作成)を行うことは最大のリスクです。

衛星(サテライト)サイトを作る程度の無料ブログ活用ならOKです。

※削除されてもあまり支障がないと自分が思えればいいです。

毎月1000円程度の出費をケチって、

毎月数万円の稼ぎがパーになったら笑えません。

独自ドメインを取得してレンタルサーバー契約してください。

独自ドメインは、育てていけば無限の可能性を秘めています。

WordPress活用

WEBサイト(ブログ)は、私が提供するテンプレートや、

有料・無料テンプレートを活用してWordPressで運用してください。

記事発信に最適と考えるテンプレートを活用してください。

私のトレンドアフィリエイト基本概念

私のトレンドアフィリエイト概念は、従来というか、

他の多くの方が提唱するものとは少し違います。

従来型

従来型のトレンドアフィリエイトは、とにかくアクセスを集めることに執着し、

あらゆるトレンドに乗って記事を発信して稼ぎます。

そして、翌月の稼ぎなど気にせず、その日お金を稼ぐことに全力を注ぐやりかたです。

稼ぐために、新規アクセスを集め続けるため、記事を書き続けるという労働です。

なお、結果として記事の量産に追われ、個々の記事の質が下がり、

多くの従来型のトレンドアフィリエイトブログが、2013年にGoogleからペナルティを受けました。

従来型だから芸能ブログだからダメというわけでなく、

質の低い記事を量産することが問題です。また、そういう状況に陥りやすい従来型は継続的に稼ぐことが困難です。

さらに、アフィリエイトの醍醐味は、ほったらかしで稼ぐことです。

従来型のトレンドアフィリエイトでは、いつまでたってもブログ=資産とはなかなかなりません。

だから、私が以前から、実践し提唱している王道ともいえるトレンドキーワードの使い方を推奨します。

※当たり前の方法です。

下剋上はまさに、量産型のトレンドアフィリエイト手法です。

私の推奨する方法

私が推奨するトレンドアフィリエイトは、

トレンドキーワードを部分的に活用するブログを構築することです。

ですので、もはやトレンドアフィリエイトとは言わないかもしれません。

※そもそもトレンドアフィリエイトというのは造語

経験が長いアフィリエイター及びドロップシッパーが

当たり前にやってきていることをするだけです。

トレンドアフィリエイトに執着するのはナンセンス。

トレンドキーワードを集客に効果的に使いましょう。

よって、トレンド情報に頼ったブログ構築はせずに、

長いスパンにおいて、価値を見いだすブログを構築します。

軸のあるブログを構築します。

2.WEBサイトジャンル設定

トレンドアフィリエイトは、トレンド情報を発信するブログを構築して稼ぎます。

ですので、多くの人が検索しそうなトレンドキーワードならば、

何でも「ターゲットキーワード」として記事発信していいと考えている人が多いと思います。

ですが、軸のない無数の記事、

内容の薄いコンテンツ内容を発信することは私の教える手法とは大きく異なります。

繰り返しになりますが、私のやり方では、

トレンドキーワードの使用は限定的です。

そして、ブログに軸を持たせる。

具体的には、ブログに軸を持たせるために、

次のようなまとまりをもったブログを作成していきます。

芸能なら「新垣結衣」「堺雅人」とか

スポーツなら「本田圭介」「横浜Fマリノス」「ACミラン」、

音楽なら「EXILE」「AKB48」とか、

ドラマなら「月9」「水10」「失恋ショコラティエ」という感じのブログテーマにします。

※広すぎず絞りすぎないのがポイント。

メジャーな芸能人なら、オフィシャルサイトがあるので、

公開されている予定を見れば、予め爆発を察知し、

仕込んでおくこともできるでしょう。

つまり「芸能」「音楽」「サッカー」「スポーツ」というような広すぎる内容のブログ運営はせずに、

情報を絞ったブログを構築します。

発信する情報が広域に渡ることが絶対にダメだということではありません。

例えば、コチラのブログなんかは、コンテンツのオリジナル化をうまく行って、

価値ある情報が届けられていると感じます。

つまりは、情報が散漫にならず、個々の記事がしっかりとした価値を生み出す

モノになっておれば問題ないということです。

しかし、ジャンルが狭すぎたり、広すぎたりすると次のような状況に陥りやすくなります。

ジャンルが狭すぎる

ジャンルが狭すぎると、記載する記事に困ります。

そして、結果として、サイトへの入り口(記事)が少なく、

ドメインが育ちにくいです。

ジャンルが広すぎる

ジャンルが広すぎると、記事同士の関係性が希薄になり、

サイト全体の軸を持たせることが難しくなります。

結果、何を発信したいブログなのかわからなくなります。

また、訪問ユーザーにとって、関連記事のジャンルが飛んでおり、

興味を示さないことが多く、直帰率が上がります。

結果としてGoogleの評価が落ちます。

そして、SERP上で検索順位がランクダウンします。

さらには、ジャンルが広いと、知識のインプットも大変ですし、

経験を積んだオリジナルコンテンツを発信できるまでの知識精通は難しいでしょう。

そのため、内容の薄い、価値の低い記事になりがちなのです。

広すぎるジャンル設定例

  • WEB
  • 芸能
  • エンタメ
  • ライフ
  • 音楽
  • 日本

ジャンル設定で失敗

駄目トレンドアフィリエイターは、

トレンドに上がった情報を「あれもこれも」発信していきます。・・下剋上では、ビギナーには、このごちゃまぜブログをまず、

やるように、書かれています。

そして内容がうっすい「無価値情報 (by Google)」記事ばかりに。

結果・・・SERPから消えます。

他ジャンルの記事を発信しても、各記事がプロフェッショナルのレベルなら、

プロブロガーのように稼ぐことができるでしょう。

また、複数人が知識を持ちよりブログ運営するなら、広いジャンル設定の運営でもいいでしょう。

ジャンル設定の例

トレンドを追うならば、あなたが大好きな芸能人。

芸能人●●のことなら、知りたいし、誰にも負けないというような人に絞りましょう。

でも、そうなるとトレンドなんて滅多にないんじゃないかと思うかもしれませんが、

有名芸能人ならば、メディアに取り上げられなくても、日々、いろんな活動をしています。

そういった一部の人にとって非常に貴重な情報を拾って発信していくことこそ価値があるのです。

毎記事の爆発など狙わなくていいです。

例えば、私は、指原莉乃や、松本人志のファンです。

なので、楽しんで、記事を書いています。ネタには困りません。

数度のバズは、長くブログ運営していれば、ジャンルによっては必然的に起こります。バズらせるノウハウなどは気にせずに、日々の記事発信を、アクセス数が少なくても誰かの役に立つ情報を配信していきましょう。

ちなみに、バズらせるためのノウハウは、

このブログにて知らずのうちに身につけられていくはずです。

「芸能人●●のことなら俺に聞け!」というようなWEBサイトを目指しましょう。

※著作権には注意しましょう。

人がやってないことにこそ価値がある。

他のWEBサイトにない付加価値を提供。

毎日記事を書かなくていい

どんなに有名な芸能人でも、毎日、記事を発信していたらネタに困りますよね。

その時どうするかというと、書かなきゃいいんです!

情報がないならやらなくていいです。

別の内容のブログを立ち上げ、稼ぎ口を増やしていきましょう。

具体的なジャンル設定例

次のようなサイト名で運用してください。

  • 新垣結衣365
  • 指原莉乃の顔芸
  • 松本人志の名言集
  • 本田圭介の軌跡
  • 金田一少年の事件簿を200%楽しむ
  • ソチ五輪のメダリスト大百科
  • ワンピース至極の考察
  • 月9馬鹿
  • 水10ドラマを追え!
  • WordPress(ワードプレス)
  • WEB便利ツール
  • WEBマーケティング
  • Twitter
  • Google+
  • WEBデザイン
  • 初心者 SEO
  • 自己啓発書のススメ
  • パズドラ
  • ●●ダイエット
  • 横浜レストラン巡り
  • インフルエンザ2014
  • ハロウィン
  • ビッグダディ(コダカラー・清志)

ということで、トレンドキーワードを狙うなら

軸がありトレンド情報があがりやすいブログ運営をしましょう。

なお、私はジャンル設定において、

トレンドが発信されやすいかはあまり気にしません。

つまりは、普通にブログ運営して、ジャンルに合ったトレンド情報が上がれば発信するのです。

では、私のトレンドアフィリのやり方を理解してもらった上で、

稼ぐために必要となる知識や技術(テクニック)を解説していきます。

3.キーワード選定(トレンドバージョン)

基本的なキーワード選定の知識は、

第1章で解説していますので、

ここではトレンドキーワードに特化したキーワード抽出方法を解説していきます。

探し方は非常に簡単で、下記のサイトを見てまわり、

あなたのブログと関係する「ターゲットキーワード」を探します。

などを見て回れば、トレンドキーワードがわかるはずです。

実際のキーワード選定手順

今回は、恋愛系のブログを運営しているという設定で解説していきます。

①トレンドキーワード探し

Yahoo!検索データ(リアルタイム)を開いて、

運営ブログに合ったキーワードを探します。

※Googleトレンド等の他のトレンドが探せるサイトでもいいです。

4位に「逆告白」というキーワードが見つかったので、

このキーワードを狙ってみることにします。

※キーワード選定の際に出来れば一瞬で消えてしまいそうなキーワードは避けましょう。

キーワードの鮮度はGoogleトレンド検索を使えば、

検索ボリュームの推移をざっくりと把握することができます。

②-①Yahoo!関連キーワード活用

では逆告白というキーワードのSERPを見てみましょう。

goodkeywordを使って関連キーワードを抽出してもいいです。

Yahoo!検索でのSERPのページ上下に赤枠のような関連キーワードが表示されますので、

ブログのターゲットキーワードを決めて、タイトルや記事見出しの参考にしましょう。

この段階で、既にSERPで上位表示しているライバルサイトを確認して、

運営ブログで上位表示出来るキーワードかを見極めましょう。

②-②Google関連キーワード活用

ちなみに、Yahoo!検索のSERPを活用する人は多いので、

強いブログの競合が多いキーワードの場合はGoogleの関連キーワードを活用すると

ライバル不在で上位表示する可能性を増やすことが出来ます。

運営ブログが育っていない段階では、知恵を使って、

見込みアクセス数が減っても、

確実にSERPで上位表示を期待できるターゲットキーワードを選定しましょう。

②-③ニッチな関連キーワードを探す

さらに別のキーワード(関連キーワード)を狙うならば、

①の段階の抽出を「Yahoo!検索リアルタイム」や「Googleトレンド」に頼らずに、

もっとニッチなキーワード選定サイトを活用しましょう。

「教えて!goo人気ワードランキング」「@nifty瞬!ワード ランキング」等。

 

③記事タイトルや見出しを作成

●ブログタイトル
バレンタインに逆告白!絶対成功する心理作成

●ターゲットキーワード
「バレンタインに逆告白」「バレンタイン逆告白」「振られた後 逆告白」

「逆告白 心理」「振られた 逆告白」「失恋 逆告白」
※meta設定時は「,」区切りで次のように記載します。
逆告白,バレンタイン,心理

●見出しで利用するキーワード
・振られた後
・失恋

●見出し(h2,h3等)
・振られた後でも大丈夫
・失恋しないための裏技
・バレンタインはチャンス
・男女の告白心理について

という記事を書くことを仮に決めて、続いて記事を書くためのネタを拾っていきます。

タイトル文の作成便利ツール

④記事ネタ収集

「バレンタインに逆告白」「バレンタイン逆告白」「振られた後 逆告白」「逆告白 心理」「振られた 逆告白」

「失恋 逆告白」の狙うターゲットキーワードのSERPにて、

既に上位表示しているWEBサイトを見て回りネタを拾っていきます。

さらにネタを増やしたいならば、便利コムを使って、

様々な情報エンジンからターゲットキーワードのネタを拾っていきましょう。

検索キーワードを入力して、

②から調べたい情報エンジンを選択(クリック)すれば、

ターゲットキーワードの情報を抽出できます。なお、

②の中に調べたいものがなければ、

①のタブをクリックすれば、さらに別の情報エンジンから探せます。

⑤記事作成

ネタを集めたら情報を整理・編集し、自分なりの解釈をして、

独自コンテンツを生みだし、価値ある情報を記事にしていきましょう。

閲覧者が楽しめる情報であるか、ターゲットキーワードと記事の内容が逸脱していないかを

意識しながら1000~1500文字以上の記事を作成しましょう。

なお、アフィリエイト出来る商品やサービスがあれば、記事内で紹介しましょう。

トレンドアフィリエイト=GoogleAdsenseで稼ぐと思われがちですが、

私の概念では、記事の内容に合えば広告は自由です。

※アフィリエイト規約に反しないよう注意しましょう。

トレンドキーワードが見つからない場合

①で、トレンドキーワードが見つからなければやらなければいいんですが

「そうは言ってられない、どうしても記事を書きたい」って方は、

下記サイトも探してみてください。

補足:活用サイト

4.稼ぐためのテクニック

ドメインオーソリティ・ページオーソリティが高ければ、

特別な対策をとらなくても、狙ったキーワードでSERP上位表示を達成できるでしょう。

しかし、新規ドメインで運営歴の長いライバルサイトに勝つのは非常に難しいです。

たとえ、コンテンツ重視が叫ばれている昨今でもです。

良質コンテンツを記事にしても、ひどい時には、価値ある1500文字以上のコンテンツが、

運営歴の長い強豪ブログの、

たった200文字程度の記事や単なる誘導ページ(カテゴリページやタグページ)に負けることさえあるのです。

では、ブログに力がない段階では、どうすればいいかというと、

正面から競合サイトと立ち向かうのは得策ではありません。

まずは、じっくりと少ないアクセスを集め、

ブログに力をつけていく必要があります。

そのために、検索ボリュームが多いキーワードでなく、

少ないアクセスを着実に拾っていくSERP上位表示テクニックが必要です。

※一般アフィリエイト、ドロップシッピングでも同じ。

ニッチなキーワードを狙う

ニッチなキーワードを狙う簡単な例をあげますと、

芸能人の「タモリ」や「さんま」の記事を書くのでなく、

「ダンディ坂野」の記事を書くこと。

「向井理」についてでなく

「河相我聞」の記事を書くのです(ファンの方がいたらすみません)。

また、「ターゲットキーワード」をダブルキーワードでなく、

トリプル以上のキーワードを狙ったりするのも有効です。

「浅田真央」→「浅田真央 ブログ」→「浅田真央 ブログ あんたたち」

上記のような場合、右に行くほど検索回数が少ない(ニッチキーワード)だといえます。

「浅田真央」+「ブログ」+「あんたたち」というように、

3つのキーワードをかけ合わせたものをトリプルキーワードと言います。

つまり、ブログに力がないうちは、ニッチなキーワードを狙った記事を発信して、

確実にSERP上位表示を狙っていき、少ないアクセスをコツコツと増やしていくのです。

なお、運営ブログの軸とずれたキーワードは使ってはいけません。

さらには、検索上の虫眼鏡情報(関連キーワード)を狙うのもいいですが、

経験からユーザー(自分)が検索する情報をターゲットキーワードとして狙えば、

ニッチなアクセスを拾っていくことができます。

例えば、「浅田真央 ブログ 評判」とか

「浅田真央 ブログ ソチ」とかのキーワードでブログ記事を書きます。

このようにして、最初は小さなアクセスを日々拾って記事を発信していくことが、

新規ドメイン(ブログ)が成功するために非常に重要です。

強豪ライバルサイトとの住み分けをはかりましょう。

ブログの力とは?

ブログの力は次のようなことによって備わっていきます。

  • 被リンク獲得
  • 運営歴
  • 発信記事数
  • アクセス数
  • 閲覧者の滞在時間
  • ソーシャル拡散数
  • 良質コンテンツ
  • 内部SEO

未来記事発信

まだ、話題になっていない情報を、

新聞、テレビ欄、雑誌から掴み、世間で本格的な話題(ブーム)になる前に記事を発信しておき、

ブーム時のアクセス爆発を狙う方法です。

ヤフカテのイベントカレンダーを見れば、

ざっくり今月に行われるイベントを確認することが出来ます。

時には話題にならずに空振りになることもありますが、

新しい観光施設、新ドラマ、日本未上陸ブランド、若手芸能人(金の卵)、

公開予定映画などを記事にしてSERP上位表示しておけば、

かなりの確率でアクセスを集められるでしょう。

未来記事は情報が少ないので、人一倍の情報収集が必要です。だからこそ先じて発信すると大きな価値を生みだします。

運営ブログに合ったトレンドキーワードがあれば挑戦しましょう。

動画の活用方法

ジャンルにもよりますが、トレンド情報を動画(YouTube)公開することは、

それなりの効果を見込めます(著作権に注意)。

YouTube内での検索で調べられるのはもちろん、

YouTube動画はSERPでも上位に表示される可能性が高いです。

私も、過去に商品PVを作って、30分ぐらいで製作した

下記の動画映像でドロップシッピングで5万円ほどの稼ぎを生みだしました。

 

上記のような動画のように、メディアで話題になった商品・サービスをうまく紹介することで稼ぐことが出来ます。

動画の製作方法等はYouTubeの章で詳しく解説します。

多くの人は、商品・サービスのレビューだけに動画を使うと思っていますが、

商品・サービスをプロモーションすると、

多くの人たちを出し抜くことができるし、いろんな市場に動画を活用して攻め込めます。

つまりは、商品・サービス販売者がやらないプロモーションを

私たち(アフィリエイター・ドロップシッパー)でやってしまおうよってことです。

爆発しそうな商品・サービスがあれば、率先してこの行動をおこしましょう。

トレンドというか、メディアアフィリの話になりましたが気にしないでください。

ブログ爆発を掴むためにトレンドを利用

トレンド情報の記事発信は瞬間的なアクセスを集めるのはもちろん、

しっかりとしたコンテンツが備わったブログならば、

リピーター(ファン化)、ソーシャル拡散、被リンク獲得をするチャンスです。

ですので、どんなジャンルのブログを運営していようと、

運営ブログに合ったトレンドが上がった際は、

絶対に情報発信(記事を書く)してください。

トレンドキーワードはブログ爆発のチャンスです。

無料でブログを多くの人に知っていただけるチャンスを有効に使いましょう。

外注化

アフィリエイト作業の外注化は、効率的に稼ぐための一つの選択肢となります。

そして、WEB系の在宅求職者はコチラで紹介のWEBサイトを活用すれば、

比較的容易に探すことが出来ます。

しかし、人を雇うということは、結構難しいです。

人の選定

トレンドキーワードがよく持ちあがる芸能系ブログならば、

情報取得も簡単ですので、WEBライターに作業を外注化させるのも比較的容易だと考えられます。

また、タイトル・ターゲットキーワードの選定・設定を私たち(依頼側)が行えば、

SEO知識を持たないWEBライターでも作業できるかもしれません。

しかし、情報のやり取りは必要となりますし、

出来の悪い人を雇ってしまうとかえって手間になることがあります。

中には、指示を全く無視して作業する人さえいます(泣)。

全てのアフィリエイト作業を任せるならば、

本記事に記載のキーワード選定やSEOの基本を教える必要や、

それらが出来る人を雇う必要があります。

このように外注化でかえって手間が増えてしまっては元も子もありません。

ですので、人を雇う際は慎重に行い、

条件の設定は厳しくするべきです。※安く雇うということではありません。

上手い外注さんの使い方は、経験しないとなかなか身に付きません。

私の経験からいえるポイントは、極力、限定的な作業を依頼することです。

例えば、●●商品・サービスを使用したことある人に、

200文字程度の利用感想を書かせたりすることです。

トレンドキーワード真骨頂

繰り返しになりますが、

私はトレンド情報(キーワード)のみの軸のないブログ運営をお薦めしていません。

トレンドキーワードは集客に便利だから、

運営ブログに合ったネタが注目されたら、

ブログ爆発の起爆剤として活用すればいいんです。

なお、トレンドキーワードを捉えアクセスを集めたにも関わらず、

ブログ爆発の起爆剤にならなければ、ブログに大きな欠陥があります。

ブログを成功させるために重要なことは、

ユーザー目線のブログであるかということです。

アクセスを集めても、ブログの人気(力)が上がらないならば、

価値のある情報を提供できているか、

情報が閲覧しやすいか等をしっかりと見つめ直してください。

ファーストインプレッションが非常に重要です。

爆発させようとするトレンド記事を書く際は、

いつも以上の綿密(深堀り)した内容の記事を発信するようにしてください。

ブログに価値を

いつまでも、芸能ニュース等を追ったコピペベースの価値なし

コンテンツを書いていても何もなりません。

2chまとめ等のコピペベースだが、ある程度の価値を見いだせているものは、割り切って運営してもいいでしょう。

また、プロブロガーレベルの文才があり、出来事に対するしっかりとした自分の評価を述べられる場合は

トレンドを追った記事を発信し続けてもいいでしょう。

ということで、完全否定ではありません。

「自分はどうすればいいんだろ?」って思うかもしれませんが、

自分のスタンスは自分で見いだすしかありません。

個々人によって、既に蓄積されている知識・技術は異なりますので、

私がジャンルを決定したりすることは出来ません。

なお、Googleに”価値なしコンテンツ”としてペナルティを受けるようならば、

自分の情報発信に適していないと考えていいでしょう。

つまりは、ブログに価値を持たせるために、

自分に合った良質な情報発信の方法を見いだす必要があります。

GoogleAdsenseに捉われるな

記事発信に集中するために、GoogleAdsenseに絞ってもいいですが、

アフィリエイト広告の中には、1件の成約で数万円稼げるものもあるので知らないと損です。

無理にGoogleAdsense以外の広告を使えということでなく、

様々なアフィリエイト広告に対してアンテナを持ってくださいということ。

たまに、他の人のブログを読んでいて「もったいないな~」

ここにあの高報酬のアフィリエイト広告を入れれば、

確実に儲かるのにってことが良くあります。

皆さんも、今後は情報発信側として、

他の人のブログを読む時「自分だったらどうする?」という視点を常に持ってください。

日常の意識を変えると「閃き力」があがり、ドンドン記事を書くのがうまくなります。

参考ページ