情報商材アフィリエイト攻略法

情報商材というと、怪しいと思われるかもしれませんが、

情報を売るということは、あらゆる業界で普通に行われていることです。

情報を売るとは自分の知識・技術をお金に換えること。

質の差はありますが、ノーベル賞受賞者も情報(知識・技術)を発表し、

名誉、お金を得ています。企業と契約する弁護士・税理士・会計士・経営コンサルタントも、

情報(専門知識・技術)を武器にお金を稼いでいます。

このように、価値ある情報には相応の対価が支払われることが普通です。

ですので、自信を持って薦めることができる情報商材があるならば、

大きな報酬を得るチャンスですので、積極的にアフィリエイトすべきです。

1成約あたりの報酬が非常に高いのが魅力の情報商材。

1つ売れるだけで、1万円以上の報酬が貰えるものがたくさんあります。

情報商材アフィリエイトでは、商品価格に対して、最大で88%ものアフィリエイト報酬が支払われます。

楽天アフィリエイトが1%。一般的なアフィリエイトが3~20%ほどの報酬率ですので、

非常に稼ぎやすいことがわかるでしょう。

ですが、利益率が高いが成約させることが難しいのが情報商材アフィリエイトです。

コツを掴めば成約率を大幅にあげることもできます。

そこで、以下では情報アフィリエイトで成約率を高め、稼ぐための方法をまとめます。

目次

  1. 必要なマインド
  2. 必要なスキル
  3. 商品選定のコツ
  4. 実践編

1.必要なマインド

情報商材アフィリエイトをする方は、当然ですが、これから商品を購入する人よりも、

長けた理解・見解を持っている必要があります。

「誰もが薦めているから」

「●●テンプレートはSEOに強いらしい」とかいっても説得力がありません。

外部リンク対策がペナルティ等で厳しくなったら、

内部コンテンツ構造が大切なんていうSEO業者は信用できません。

たくさんいるんだな~これが(笑)。

まずは、自分自身で実践し、

紹介する商材を利用する上で必要となる知識・技術を身につけましょう。

最近は、WEBで調べれば情報があるため、

実践経験がないのに「昔は●●で稼げました」などと発言している人もいますが(

私の記事もパクられてます)、

信頼を得るためにはリアルな体験に基づく情報を発信しましょう。

経験に基づくリアルな情報提供で信頼を得る。

アフィリエイトする商品が決まったら、

誰にも負けないぐらい「商品」「ジャンル」に精通するよう励みましょう。

FXで稼ぐ商材を紹介するなら実践経験や結果を、

ダイエット商材なら痩せた体験談をリアルに提供していきましょう。

商品を売りたいなら、参入する業界の世界を知ることです。

例えば、PPCアフィリエイトの教材を推奨するならば、

実践経験を積むか「Yahoo!プロモーション広告 プロフェッショナル認定試験」に合格すればはくがつくでしょう。

※合格=稼げるわけではないと思います。

そして、自分自身がしっかりとした惑わされない知識を手に入れましょう。

当ブログで学び実践すれば、アフィリエイトの深い理解が得られます。

2.必要なスキル

前項のマインドも稼ぐために重要なスキルですが、

稼ぐためには、他にもいくつかのスキルを身につける必要があります。

情報識別能力

まずは、序章でもお話した情報識別能力を身につける必要があります。

情報商材アフィリエイトは、情報をお客様に売って稼ぐ方法です。

ですので、紹介するあなたが情報識別能力が低いというのは致命傷です。

使えない商品を紹介しても絶対に儲かりません。※詐欺だと思われ続かない。

まずは、自分が納得できるかっていうことが重要ですが、

あなたに力がなければ、良品・悪品の選別ができません。

※稼げるツールでも稼げないということ。

稼ぐ力

情報識別能力を高め、知識を吸収し実践すれば結果はついてくるでしょう。

稼ぐ力とは、知識を詰め込むことだけではなく、

しっかりと実践経験を積んで「真に稼いだ体験」を得ることで育みます。

行動(実践)力

情報商材アフィリエイトの世界では、

常に新しい知識の吸収に励み、良品が出たならば、

いち早くチェックして実践して、

体験を元にアフィリエイトする行動力が必要です。

コピーライティング

情報商材は一般的なアフィリエイト商材よりも、

購入ハードルが高いことが多いです。

第4章メルマガアフィリエイトの知識や、第1章の記事の書き方を参考に、

読者に響く文章とは何かをよく理解しておきましょう。

コツは知識を詰め込んだら、とにかく書くことです。

書かなければ、いつまでたってもコンテンツは生まれませんし、

アウトプットして気付くことがたくさんあります。

以下にちょっとしたコピーライティングのテクニックをまとめておきますので、

序章、第4章の知識と合わせて参考にしてください。

コピーライティングテクニック

  • 相場の上限価格を顧客に理解させる。
  • 安売りはしない。
  • 魅力は特化する。
  • 買わないと後悔すると認識させる。
  • お願いはしない。
  • 売り気を感じさせない。
  • 褒める。
  • 一生懸命さをアピール。
  • 感情に訴える。
  • 顧客を見極める。
  • ラッキーの演出。
  • 比較対象を作る。
  • イエスを引き出す。

3.商品選定コツ

情報商材アフィリエイトができるASPはいくつかありますが、

とりあえずは infotopに登録しておけばいいです。

「稼ぐ」「美容」「金融」「恋愛」「教育」などの情報商材が十分に揃っているので、

販売する商品に困ることはないでしょう。

私の場合は、ご存じの方も多いと思いますが「稼ぐ系」の中から、

信頼できる商品を探して実践した上で紹介しています。

あなたも、自分が得意とするジャンルや興味があるジャンルの商材を

取扱ってアフィリエイトを実践してみてください。

もちろん、SIRIUS等、満足いただけたならば、

実践経験を踏まえて紹介してみてはどうでしょうか。

自分が商品に魅力を感じ、満足できたかというのが選定のコツです。

あなたが思考した結果、お金が払えた商品はそれだけ魅力があったということです。

4.実践編

紹介する商品が決まったら、稼ぐためにブログを作りましょう。

「商材レビュー」をはじめ、テーマジャンルにおいて顧客に必要と考えられるコンテンツを検討し、

記事を増やしていきます。

「稼ぐ系」の情報を売るなら、自身のネットビジネスの日々の気付きや、

実践したことを詳細にブログ記事にしていけばいいでしょう。

なお、情報商材アフィリエイトでは独自特典を付けることができますので、

魅力的な特典を付けることで、成約率・成約数を増やすことが出来るでしょう。

ブログ運営のポイント

  • 自身が商材から学んだことを書く。
  • 実践したことを書く。
  • ソーシャルの活用。
  • 特典の付加。
  • 商材レビュー作成。
  • 状況によりメルマガを活用。
  • 売る商材の優先順位を付ける。

信頼できるアフィリエイターを目指す

私です(笑)。

そういう人ほど疑えっていいますよね。

世の中には怪しいアフィリエイターがいっぱいいます。

あなたはブラックアフィリエイターになっていませんか?

でも、コレって実はすごくチャンスです。少しの努力・誠実さを行えば、

信頼を得て、商品を購入してもらいやすい状況にあるということです。

この人ならば安心してお付き合いができると思ってもらえることが重要なのです。

「稼ぐ系」では尊敬や憧れを得るための実績も必要。

信頼できるアフィリエイターは、優れた製品だけを薦めます。

そして、しっかりとサポートができます(自信があるから対応できる)。

「稼ぐ系」の情報アフィリエイトを行うならば、

知識の定着と成長のためにもコンサルを実践してください。

メール、電話、セミナー等、どんな方法でもいいです。

人に教えることは大きな経験となりさらなる成長ができます。

当ブログをしっかりと学べば、十分な知識は備わるはずです。

稼ぐために情報商材はいくつも必要ありません。

マインドコントロールの手法を勉強して、毎日メールを送り、

お薦めできない商品を毎月薦めるのではなく。

優れたツールを数点持っていれば、それだけで十分に稼げることを教えてあげましょう。

紹介商品の購入者に対して、コンサル業を開始するならば、

一般の方からのお問い合わせ対応をする暇はないので

あらかじめ、はっきりと返信は出来ない旨などを明記しておきましょう(双方にとって無駄です)。

※お金を稼ぎたいだけなら、新規顧客だけ相手にした方がいいかもしれませんが・・・。

まとめ

情報商材アフィリエイトは、罪悪感を感じて実践出来ないという人もいるかと思いますが、

はっきりいってその罪悪感は無知からくるものです。

確かに、世の中にどうしようもない情報が溢れているという事実はあります。

しかし、すべてがそうであるわけでなく、

便利で役に立つツールが存在することをあなたはもう知っているはずです。

いいものを薦めることは、購入者も喜ぶので、

非常にやりがいを持てます。そして、大きな紹介料が貰えます。

ですので、困っているアフィリエイター・ドロップシッパーがいるなら、

あなたが知っている賢い稼ぎ方を教えてあげてください。

大きな紹介料は当然にもらうべき対価です。

あなたが稼げて、購入者も喜ぶのであれば、

こんなにやりがいを持てるアフィリエイトは他にないのではないでしょうか。

一般的なアフィリエイトでは購入者との人間関係は気付かれにくい。

今日のおさらい