アフィリエイト失敗なんてない。

アフィリエイトで稼ぐための思考

失敗はない?

私は今までさまざまな事業に、手を出してきました。

しかし、私がやってきたことは、たいてい必要に迫られてやったことが多いです。

なんの必要か?お金が必要になってです。

ですから、当然元手はありません。人脈もありません。

手法や資格に関しては、何かあったっかな・・・。

急に始めることが多かったので、何もない所からの第一歩です。

そんなのでうまくいくのか?やはり失敗もたくさん経験しました。

私のケース、必要に迫られることが多かったのは、成功と失敗を繰かえしていたからです。

そんな私が、あなたに伝えたいのは、失敗についてです。

今までは、あまり気にしたことがなかったのですが、

挫折は、諦めた時が挫折というのではないでしょうか?

何度ダメでも、そこからトライヤルアンドエラーを繰かえし、

成果を出すことが出来れば、それは、成功するために必要だったことになりますよね。

それを失敗とは言わないでしょう。例えば、私がやった事業を例にしてみたいと思います。

携帯電話機が拡散し始めの時節(古すぎる話で済みません)、

スポーツ誌に3行広告を出した事があります。

「激安携帯電話販売開始!

人気機種在庫あります!

テルネット03-1234-5678」

こんな感じだったと思います。昔年は広告会社も商況が良かったのか、支払は〆払いでした。

サイドが90日はあったはずです。

しかし、肝心の広告は、まる切り問合せなし。広告は1週間に1度の広告を4回出すスケデュールでした。

3回目まで全く手答えなし、4回目は?

ダメでした。

それを見た広告担当者が、「もう来月はうち切りますか?」と言ってきました。

私は人が出しているということは、それで、売れている人もいるということ。

そう考え、「来月いっぱい出します。」そう答えました。

すると担当者が、「急な解約が入ったので、無料で出してみますか?」。

言わずもがな喜んで出しました。

その時出したのが、

「激安携帯電話機を4日でお届け!
評判のシャンパンゴールドあります。
テルネット03-1234-5678」

こんな感じでしたかね。

何とこれで爆裂。

1か月後にはオフィスを借りていました。4回目で諦めていたら失敗でしょう。

でも最後でうまくいけばそれで成功です。

止ない限り失敗とは言えない。成果を出せずに辞めた時が失敗です。

あなたが興味を持っているアフィリエイトもそうです。

「矢張りダメだ」そんな人が多いです。

「どうしてダメなのか?」

「何がまずいのか?」

トライヤルアンドエラーをして、努力すると、「あれ、こんなことなの?」

思わぬ解決策がひらめくことがあります。

頑張った人にだけわかるように、解決法は準備されているのかもしれません。

本当にそう思うときがあります。あなたはどこで躓いていますか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事