SEOでアクセスを呼ぶ

SEOとは =検索エンジン最適化
(Search Engine Optimization)
意図的に特定キーワードの
検索結果の上位に出すための施策
手元に資源を残しながらできる
リスクの少ない集客手法
要は、こういうこと
狙っているキーワードで 他のサイトよりも上位に出て アクセスを呼び込む
順位が高いとアクセス数は増える
1位:100   2位:30~40   3位:20~30   4位:10~20 上位表示するメリット

1位はおいしい

どのように検索順位は決定されるのか
配点 採点 配点 Titleタグ 5 5 Metaタグ 2 2 キーワード出現率 1 2 サイトマップの有無 1 1
ページ数 3 5 テキスト量 2 5 オーソリティサイトからのリンク 15 20
古いサイトからのリンク 4 10 関連性の高いサイトからのリンク 6 10 サイト内リンク 8 10 その他要素 10 30 合計 57 100 
200を超える配点ポイントから サイトに点数をつけているイメージ
ここの配分が変わるのが 順位を変動させる 「アルゴリズム変動」
細かなものは日常的に 大きなものは年に数回 起こるのが通常
配点から考えるSEOの成功法則 重要なところに集中する
配点が高いところを重視して繰り返し行う
重要なのは・・・
・リンク元のドメインをバラす
・アンカーは狙うキーワードで
・継続的にリンクを増やす (・更新頻度)
検索エンジンの穴を突いた手法に期待しない 一時的に異常に強い手法→依存しない
そういう手法は長続きしない
強いブログ 強い無料HP 日本語ドメイン
中古ドメイン 内部対策 などなど

ただし、ダメではない
常に重要なポイントを意識した SEOを継続できる環境が大事
目線は「継続性」におく
アルゴリズム変動による順位ダウン

モチベーションダウン
SEOは「心」にも必要
対策できることがある → SEO 順位が下がった=上がった人がいる
サイトにSEOを施す側が 一緒に揺れてはいけません →次にやるべきことを探すのが重要
SEOはとにかくシンプルに 変に考えない&余計なことをしない
全ては検索エンジンが決めている

変わったら素直に合わせる

自分でやるのは 繰り返すための工夫と リンク用の資源の確保

2.内的・外的SEO
SEOには2種類ある 内的SEO:サイト内部に行う施策  HTML・キーワード設定・内部リンク
外的SEO:外部からのリンク獲得  他のサイトからのリンク獲得
2つに分けて 対策をしていく
内的SEO
内的SEO HTML内に対して行う自分でできるSEO
主に以下の6箇所に行う
・タイトル:ページの内容の評価軸
・meta description:ページの説明
・meta keywords:ページに入る主なキーワード
・hタグ:ページの見出し(主にh1)
・文章:タイトルに沿ったコンテンツを入れる
・内部リンク:サイト内のページを結ぶリンク

内的SEO

:特に重要なのはこの3つ ○タイトル
:ページの内容の評価軸 ○h1
:タイトルに次ぐ内容の説明 ○文章
:ページの方向性を担う箇所
meta description:訪問者を呼び込む150程度の文章 meta keywords:ページで狙うキーワード(「,」区切り) 内部リンク:ツールで作ると自動で設定される 他の3つのポイントはこちら
HTMLの基本的な構造
<html>
<head> <meta name=“keywords” content=“ キーワード” / > <meta name=“description” content=“サイト説明 文” /> <title>サイトタイトル</title> </head>
<body> <h1>狙うキーワード</h1> サイトの記事や画像などのコンテンツや 他のページへのリンクなど </body>
</html> 
HTMLはhead部分とbody部分の2つに分けて構成される
headには主に検索エンジンやブラウザへのサイトの基本的な情報を記入し、
bodyには主にサイト閲覧時に表示されるものの情報を記入する
それぞれに重要なポイントがあり 適切に配置・入力をすることで 上位表示に役立てることができる
パンダ・アップデート サイト内、検索エンジン内で コンテンツが重複する場合に発動
サイトの順位を 大幅に下げる可能性がある
サイト内で同じ文章を 使いまわさないことで回避

外的SEO

外的SEO 外的SEO=外部からのリンク獲得
数&質の両面から見る必要がある
ライバル=アフィリエイター
質の高いリンクが少ないことも多い

まずは、質<数の考え方でOK
ペンギン・アップデート
低品質なリンクの多いサイト、リンクが意図的に
過剰に行われているであろうサイトに対して 順位ダウンを行う
サイトの順位を 大幅に下げる可能性もある
完全に防ぐことはできないが
次ページのポイントを踏まえて 可能性を下げことに努める
ポイントは3つ
1.バラバラのドメインからリンクする
2.アンカーテキストは基本狙うキーワードに
3.コツコツ増やす

外的SEOの成功の秘訣

自然に継続して増やす
細かいことは気にせず この3つをこなすこと!
1.バラバラのドメインからリンク
同じドメインばかりの被リンクは不自然
○ aaa.com bbb.net ccc.biz ddd.jp  × aaa.com aaa.com aaa.com
2.アンカーテキストは基本狙うキーワードに 外的SEOで非常に重要な箇所
アンカーテキスト=リンクタグのテキスト部分
リンクタグでいうと
<a href=“リンク先のURL”>アンカーテキスト</a>
(例)“AMC”にリンクをする場合
<a href=“http://www.ctw-amc.jp/”>AMC</a>
ただし、狙うキーワードでのアンカーは
5割程度にして徐々に分散する
アンカーテキストの分散と重要性 検索エンジンはアンカーテキストを読み
リンク先のページを評価する
分散は不自然さを消すため
例)メインキーワードが「AMC」の場合
5割:AMC
1割:アフィリエイトマスター講座
1割:副業
1割:アフィリエイト講座
1割:初心者アフィリ講座
※「ここ」「こちら」「サイトURL」などで分散してもOK
→ AMCで上位表示される
3.コツコツ増やす
SEOは上位表示だけでなく ライバルの参入障壁にもなる
稼げるサイトには 特に継続的にリンクを送る
一時的にリンクが増え、 その後増えないのは不自然
継続的に増やして自然なリンク増を
1.リンクの追加
2.順位の確認
3.1と2を繰り返す
繰り返すのはコレだけ
ライバルチェックで決めた目標値に向けて 被リンクを送り続けながら順位を見ていく
主にリンク元として使うもの
1.手持ちの独自ドメインサイト
2.無料ブログ
この2つを使ってコツコツリンクを送る
3.SEOの構造とリンクの貼り方

SEOの構造

SEOは構造を目指す
3階層目 無料ブログ
2階層目 独自ドメインのサイト (無料ブログ)
上位表示を 目指すサイト リンクを構造化してSEOを進める
リンクをしていく順番
上位表示を 目指すサイト
① ②
リンクは下から上に力を流すイメージ
①3階層目から2階層目へ
②2階層目から上位を目指すサイトへ

リンクの貼り方

リンクは基本的に文章中から貼る
①3階層目から2階層目へ
②2階層目から上位を目指すサイトへ
どちらのリンクをする作業も 400文字以上の文章中からリンクを貼る
文章文章文章文章文章文章文章文章文章文章 文章文章文章文章文章文章文章文章文章文章
文章文章文章文章文章文章文章文章文章文章 文章文章文章文章文章文章文章文章文章文章 文章文章文章文章文章文章文章文章文章 リンク
リンクをする文章の内容
①3階層目から2階層目へ
内容には特にこだわらずにニュースなどを元に
文章を作成して文章中からリンクを貼る
②2階層目から上位を目指すサイトへ
上位を目指すサイトの内容に合わせて、
同じか近いジャンルの文章からリンクを貼る
例:ミュゼプラチナム 口コミの場合 脱毛 除毛 ムダ毛処理 エステなどの文章から

文章のネタ元になるサイト


①3階層目から2階層目へ
Yahoo!ニュース(全般) http://headlines.yahoo.co.jp/hl
iza http://www.iza.ne.jp/
ZAKZAK(スポーツ、芸能) http://www.zakzak.co.jp/
デイリースポーツ(スポーツ) http://www.daily.co.jp/
文章のネタ元になるサイト②-1
②2階層目から上位を目指すサイトへ
Q&A系
Yahoo!知恵袋 http://chiebukuro.yahoo.co.jp/
発言小町 http://komachi.yomiuri.co.jp/
教えてgoo http://oshiete.goo.ne.jp/
文章のネタ元になるサイト②-2
ビジネス系
ダイヤモンド・オンライン http://diamond.jp/
ウォーカープラス http://news.walkerplus.com/
差をつけるのは書籍
ネット上にない情報は書籍にある場合も多い
Amazonでは数十円で買える本も豊富
「Amazon」 http://www.amazon.co.jp/
「Fujisan.co.jp 」(定期購読本も多数) http://www.fujisan.co.jp/

ニッシーの運営ブログ

初心者にやさしいアフィリエイト講座
http://www.xn--1-nfud2bza2ad0c.xyz/tokyo/
超初心者のための情報商材レビューサイト
http://review2020.xn--1-nfud2bza2ad0c.xyz/
ネットビジネスで自由人に!
http://sibaryou555.blog.fc2.com/
フェイスブック
https://www.facebook.com/nishimura.susumu
Twitter
https://twitter.com/sibaryou0224?lang=ja
メール
sibaryou3@gmail.com

ベスト寝具
http://bestsleep.ocnk.net/

 

皆さん、稼いでいますか?

私が、アフィリエイトを始めたころに、苦労したことなど、

これからアフィリエイトまたは、物販、YouTubeを始めようと

いう、初心者に、アドバイスできることがあれば、伝えていきたいと思い

このブログも立ち上げました。

優秀な超アフィリエイターさんは、いっぱいいます。

いきなりむつかしいノーハウを学ぶのは大変ですよね。

一緒に、成長していけたらいいですね。

特典

情報商材アフィリエイトで稼ぐ方法

情報商材アフィリエイトは実績がないとできない

そう思われている方も多いようですが、これは完全にウソです。

あなたは、初めて訪問したブログで、管理人の実績を確認しますか。

私は、「記事が面白いか」「コンテンツが充実しているか」をみます。

トップアフィリエイターのブログは、すべて実績を載せているか。

そんなことはありません。

逆に「俺は稼いでるぜ」「私は稼いでいる」だけを強調しただけでは、感じが悪いと反感を買うこともあり、

マイナスに働く可能性もあります。

アフィリエイトを紹介しているサイトは

確かに多いけど、そこの管理人の人ってそんなに

稼いでいるものなのかな…と……^^;

そもそも作者自身も、そんなに稼いでいるようには、

思えない部分もあったりするんですね。

「今のご時世、これだけじゃね…」というのが僕の感想でもあり

今の情報商材アフィリ市場や紹介している人サイトなどを見れば

「内容の物足りなさ」つまり、大きな成果に直結するとは思えないんですよね^^;

確かに基本操作など役立つと言いますか

価値が全くないとは言わないけど、ここまでの内容だと

恐らく伸びないだろうな~と言う部分が多数ある。

むしろ今の情報アフィリ業界を見れば

それも一目瞭然なわけです。

情報商材アフィリエイトの代名詞のようになっているけど、どうなのかな?と思える部分は、

多々ありますね^^;

無料メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
 
Powered by メール配信システム オレンジメール
スポンサーリンク




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事