ワールドカップサッカーは、日本が初戦に快勝して、

日本中大盛り上がりですね。

試合も楽しみですが、各チームの応援団を見るのも楽しいですね。

お国柄がでていて、良いでよね。

いつも、話題になるのが,日本人サポーターのマナーの良さですね。

試合に負けても、勝っても、自分たちの応援席をきれいに、掃除する姿に、

世界が、びっくり、称賛されることに、ちょっぴり、誇らしく思っています。

 

もともと、日本人は誠実で、勤勉で、家族のような国なんですよね。

 

それが、一度、戦争に負けたぐらいで、男たちは、戦う戦闘力をなくしてしまいました。

戦後72年にもなるのに、憲法一つ変えられず、自分の国を米国に依存している

それを,変えようともしなかった、政治家の方々。

 

同胞が、北朝鮮によって、誘拐されても、もう、40年たっても、

取り返せないって、自分もふくめて、情けないことですね。

米国は、自国の拉致された国民を、さっさと、連れて帰りましたね。

日本は、憲法の縛りがあって、北朝鮮に攻め込むことができない。

そう、言い訳しますよね。

 

昔の気骨のある、日本人なら、さっさと、憲法を変えて、救出にいったでしょう。

だって、先の戦争でも、植民地だったアジアの国々を、欧米から解放するために、

先頭にたって、勇敢に戦い、命をおとしていったのですから。

いざとなったら、隣人でさえ、命をかけて救う国民です。

 

祖国のために命を捧げた英霊はどうおもっているのでしょうか。

きっと、今の日本を見たら、絶望するでしょうね。

 

戦後最大の危機だというのに、

国会では、まだ、モリかけ問題をやってる。

もううんざりですよね。

日本人よ、道義と正義感あふれる戦闘力を取り戻そう!!!。

ところで、サッカー今夜12時、応援しましょう!!

 

ニッシーの運営ブログ

初心者にやさしいアフィリエイト講座
http://www.xn--1-nfud2bza2ad0c.xyz/tokyo/
超初心者のための情報商材レビューサイト
http://review2020.xn--1-nfud2bza2ad0c.xyz/
ネットビジネスで自由人に!
http://sibaryou555.blog.fc2.com/
フェイスブック
https://www.facebook.com/nishimura.susumu
Twitter
https://twitter.com/sibaryou0224?lang=ja
メール
sibaryou3@gmail.com

ベスト寝具
http://bestsleep.ocnk.net/

 

皆さん、稼いでいますか?

私が、アフィリエイトを始めたころに、苦労したことなど、

これからアフィリエイトまたは、物販、YouTubeを始めようと

いう、初心者に、アドバイスできることがあれば、伝えていきたいと思い

このブログも立ち上げました。

優秀な超アフィリエイターさんは、いっぱいいます。

いきなりむつかしいノーハウを学ぶのは大変ですよね。

一緒に、成長していけたらいいですね。

特典

情報商材アフィリエイトで稼ぐ方法

情報商材アフィリエイトは実績がないとできない

そう思われている方も多いようですが、これは完全にウソです。

あなたは、初めて訪問したブログで、管理人の実績を確認しますか。

私は、「記事が面白いか」「コンテンツが充実しているか」をみます。

トップアフィリエイターのブログは、すべて実績を載せているか。

そんなことはありません。

逆に「俺は稼いでるぜ」「私は稼いでいる」だけを強調しただけでは、感じが悪いと反感を買うこともあり、

マイナスに働く可能性もあります。

アフィリエイトを紹介しているサイトは

確かに多いけど、そこの管理人の人ってそんなに

稼いでいるものなのかな…と……^^;

そもそも作者自身も、そんなに稼いでいるようには、

思えない部分もあったりするんですね。

「今のご時世、これだけじゃね…」というのが僕の感想でもあり

今の情報商材アフィリ市場や紹介している人サイトなどを見れば

「内容の物足りなさ」つまり、大きな成果に直結するとは思えないんですよね^^;

確かに基本操作など役立つと言いますか

価値が全くないとは言わないけど、ここまでの内容だと

恐らく伸びないだろうな~と言う部分が多数ある。

むしろ今の情報アフィリ業界を見れば

それも一目瞭然なわけです。

情報商材アフィリエイトの代名詞のようになっているけど、どうなのかな?と思える部分は、

多々ありますね^^;

無料メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
 
Powered by メール配信システム オレンジメール
スポンサーリンク




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事