第6位:動画をアップして広告収入を得るYouTube

【第1章】アカウント発行

【第2章】動画ページ作成

第1章 YouTubeについて

第2章 YouTubeチャンネルの開設

第3章 動画制作と投稿

第4章  チャンネル運営のコツ

 

 

ブログでも広告収入を得ることができるように、YouTubeでも広告収入を得ることができます。

具体的にはYouTubeに動画をアップして、再生回数が多くなればなるほど報酬がもらえるというのがYouTubeのビジネスモデル。

YouTubeで広告収入が得られるのは、テレビと同じ仕組みで、

あなたがあげた動画を多くの人が見れば見るほど広告を見てもらう機会が増え、「集客」の役割を果たしているから。

そう、もはやYouTubeもれっきとしたビジネスなんですよね。

特に、最近では面白い企画を立ち上げて動画にしているYouTuberも増えてきており、非常に多くの再生数を増やしており収益をあげています。

トップYouTuberの年収は1億円を超えるとも言われているほど。

じゃあ、YouTubeで稼ぐためにはYouTuberにならないといけないのか?

というと、その必要は全くありません。

確かに、顔出しをして面白い企画の動画をアップしていく方がたくさん再生され、ファンもつきやすいというのが事実です。

ただ、顔出しなしでも再生されている動画は数多くありますので、顔出しなしでも十分に収入を得ることができます。

実際に、顔出しなしで月に100万円、200万円といった大きな収益をあげている人は少なくありません。

テキスト動画やおもちゃの実況中継で声だけ出演など工夫をすれば再生される動画はいくらでもあげることが可能です。

もしブログよりも動画をアップして広告収入が欲しい、というのであれば取り組んでみる価値はあるでしょう。

もちろん、ブログ同様、時間がかかってしまうことはお忘れなく。

ニッシーの運営ブログ

初心者にやさしいアフィリエイト講座
http://www.xn--1-nfud2bza2ad0c.xyz/tokyo/
超初心者のための情報商材レビューサイト
http://review2020.xn--1-nfud2bza2ad0c.xyz/
ネットビジネスで自由人に!
http://sibaryou555.blog.fc2.com/
フェイスブック
https://www.facebook.com/nishimura.susumu
Twitter
https://twitter.com/sibaryou0224?lang=ja
メール
sibaryou3@gmail.com

ベスト寝具
http://bestsleep.ocnk.net/

 

皆さん、稼いでいますか?

私が、アフィリエイトを始めたころに、苦労したことなど、

これからアフィリエイトまたは、物販、YouTubeを始めようと

いう、初心者に、アドバイスできることがあれば、伝えていきたいと思い

このブログも立ち上げました。

優秀な超アフィリエイターさんは、いっぱいいます。

いきなりむつかしいノーハウを学ぶのは大変ですよね。

一緒に、成長していけたらいいですね。

特典

情報商材アフィリエイトで稼ぐ方法

情報商材アフィリエイトは実績がないとできない

そう思われている方も多いようですが、これは完全にウソです。

あなたは、初めて訪問したブログで、管理人の実績を確認しますか。

私は、「記事が面白いか」「コンテンツが充実しているか」をみます。

トップアフィリエイターのブログは、すべて実績を載せているか。

そんなことはありません。

逆に「俺は稼いでるぜ」「私は稼いでいる」だけを強調しただけでは、感じが悪いと反感を買うこともあり、

マイナスに働く可能性もあります。

アフィリエイトを紹介しているサイトは

確かに多いけど、そこの管理人の人ってそんなに

稼いでいるものなのかな…と……^^;

そもそも作者自身も、そんなに稼いでいるようには、

思えない部分もあったりするんですね。

「今のご時世、これだけじゃね…」というのが僕の感想でもあり

今の情報商材アフィリ市場や紹介している人サイトなどを見れば

「内容の物足りなさ」つまり、大きな成果に直結するとは思えないんですよね^^;

確かに基本操作など役立つと言いますか

価値が全くないとは言わないけど、ここまでの内容だと

恐らく伸びないだろうな~と言う部分が多数ある。

むしろ今の情報アフィリ業界を見れば

それも一目瞭然なわけです。

情報商材アフィリエイトの代名詞のようになっているけど、どうなのかな?と思える部分は、

多々ありますね^^;

無料メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
 
Powered by メール配信システム オレンジメール
スポンサーリンク




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事