資産構築型パワーサイト戦略!あなたのサイトを自動キャッシュマシンにする秘密

①パワーサイトのスタイル編 実践/体験記・スタイルの作り方と戦略

今回は、商品やサービスの実践結果や、

自身の体験/実践記/奮闘記をつづったパワーサイトのスタイル、

「実践/体験記・スタイル」について、分かりやすく解説いたします。

このスタイルのキモ。価値の生み出し方 インターネットで、

商品やサービスの購入を考えている人は、 実際に使った人の「生の声」を聞きたいと思っています。

「商品は良さそうだけど、実際どうなんだろ」 と思いながら、色々検索して調べているわけです。

そこで効果的なのが、ユーザーによる「実践/体験記」です。

訪問者には、

「これは、一般人(素人)の正直な感想だな」

「これなら私にもできそう」 とイメージ/認識してもらうことが、最大のキモになります。

デメリットや不満もきちんと明記するようにすると、 「信頼度」が上がります。  

物販系の商品を紹介するのであれば、

  • ・「3 日後、5 日後、7 日後…」という風に定期的に、
  • 写真を撮影する ・自分で撮影した、「素人くさい写真」を掲載する

稼ぐ系の情報商材の実践記であれば、

  • ・小まめに「報酬画像」を載せる ・どういった作業をしたのかを詳しく書く

等が効果的です。   主に構成されている記事の種類 主に、「体験/実践記事」で構成されています。  

比較的、「売り込み色」の少ないライティングになります。

  効果的なアフィリエイト・プログラムの種類

  • ・効果が出るまでに、ある程度時間がかかる(時間的リスクがある)
  • ・身体的リスクのある商品(体に塗ったり、定期的に摂取するもの)

以上のような商品やサービスを、先回りして購入し、実践し、検証することで、 最大の効果を発揮するスタイルと言えるでしょう。  

物販系商品であれば、化粧品、サプリメント、白髪染め、育毛剤など。   情報商材系であれば、ダイエット商材、コンプレックス解消系など、  

実践が伴うものです。 先に実践している人(アフィリエイター)が、

成果を出している事例を見せることで、  

訪問者は、自分自身が成功するイメージを持つことができ、成約につながります。    

 

稼げない!NG なサイト構築について NG なサイトは、  

全く成果が出ていないが、とりあえず実践していることを伝えるサイト 迷っている奮闘記。

実践者自身が迷いながら 書いていて、どうなるか分からないもの(高額塾の実践記などが多い) です。

基本的に、成果が出るという「ゴール」を示すことができなければ、

サイトを見ている訪問者は、商品の購入までには至りません。

「なるほど成果が出るんだな」→「買おう!」となるわけで、

「うわ、苦労してるな。どうなるんだろ」→「買おう!」とはなりません。

「うわ、苦労してるな。どうなるんだろ」→「まあ…頑張ってくださいね」

と思われてしまうだけです。 奮闘している様子は、読み物としては確かに面白いかもしれませんが、

なかなか成約にはつながりません。

まあ、一つの戦略として、例えば、成果が出なかったとしても、

「アフィリエイト高額塾」の面白い実践奮闘記を書いて、

ファンを集めておき、 後から立ち上げた、 メインの情報サイトに誘導する、といった使い方はあります。

ただし、いずれにしろ、成功していないと意味がありません。 その高額塾で成果が出なかった場合は、

「高額塾では成果が出ませんでしたが、 後から、この情報教材を買って実践し成功しました。

そのノウハウを記事として公開していきます」 といった誘導をしないと意味が無いです。

どんな人に向いているか このスタイルの場合、本当に使っていたり、

商品やサービスに思い入れが無いと、良い記事が書けません。 ですので、

  • ●実際に、商品を使って、それを人に伝えることが好きな人
  • ●または、身近に使ってくれる人に頼んで、 その人から正直な感想をもらえる環境にある人
  • ●いい商品を人に伝えることに喜びを感じる人

であれば、チャレンジする価値はあります。 時間はかかりますが、極めて成約率の高いスタイルです。

②パワーサイトのスタイル編 評価/レビュー・スタイルの作り方と戦略

  今回は、商品やサービスの評価、レビューした記事を、 自身の視点と、公正な立場で発信していくパワーサイトのスタイル、

「評価/レビュー・スタイル」について、分かりやすく解説いたします。 このスタイルのキモ。 価値の生み出し方 良質な商品と、悪質で粗悪な商品が、 入り交じっているような業界やジャンルで、最大限の威力を発揮するスタイルです。 もっと厳密に言えば、例えば、 「(本当は悪質で粗悪なのに)業界の大物達は大絶賛! 他のザコなアフィリエイターも煽りまくり!」 という状況の、ややこしい商品を、 誰にもこびず、 バッサリとブッタ斬ることが、このスタイルの最大のキモです。 誰が見てもあきらかにダメな「詐欺商材」を、 「これは詐欺商材です!」 とレビューしてもあまり意味はないです。 お客さんが、判断を誤まらないように、 真っ先に自分が犠牲になって、商品を購入して試し、 正しい判断をしてもらうように、導くことに価値があります。 主に構成されている記事の種類 主に、 「商品レビュー記事」で構成されている。 正直に、公平な立場でレビューすることが鍵となります。   また、ライティング・スキルが上がれば上がるほど、 アクセス数が少なくても、キッチリと成約させることが可能になります。

効果的なアフィリエイト・プログラムの種類

このスタイルで稼ぐなら、 高単価を狙える、成果報酬型(A8、インフォトップ等)の、プログラムがオススメです。 物販商品、情報商材など、あらゆる商品やサービスに有効です。 特に、数年前、詐欺商材もたくさん出回っていた、 情報商材アフィリエイトのジャンルでは流行したスタイルです。 キッチリとしたレビューを書く技術や、 ライティング力を高めれば高めるほど、 高額な商品でも成約させることが可能です。 この「評価/レビュー・スタイル」を選ぶなら、 是非報酬単価の高い、高額な商品のアフィリエイトに、」 チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

稼げない!NG なサイト構築についてNG なサイトは、

●あえて王道教材を斬ってインパクトを与え、詐欺商材を紹介するサイト ●「詐欺商材を斬ります!」と言いながら、ただ感情的に誹謗中傷するサイト ●報酬欲しさに、なんでもかんでも薦めるサイト (意外と、古株のトップアフィリエイター(とされてる人)に多い・・・;;) 以上のようなサイトは、 一時的には稼げるかもしれませんが、 お客さんも馬鹿ではないですので、どんどん離れていきます。 また、詐欺商材のネタを多く掲載すると、「詐欺!氏ね!ボケ」と叫んでいる、 低俗な連中が集まりやすくなります。よって、長期的には稼げません。 批判的なレビューをする際は、 決して感情的にはならず、冷静な分析と、客観的な視点が必要です。 批判的なレビューをするのが苦手なのであれば、 「自分の納得したものしか紹介しない!」 と言う風に、徹底した方がいいでしょう。 どんな人に向いているか ●感情をコントロールし、冷静な分析ができる人 ●物事の本質を見抜ける人 ●しっかりと信念を持ち、影響力のある業界人にも、喧嘩を売る度胸のある人 ●きちんと商品を評価し、お客さんに損をさせたくないという「愛」のある人 が向いています。 レビュワー(レビューをする者)としてのプロ意識を持つことが大切です。 2 ちゃんねる等で、感情的に誹謗中傷をして、暇つぶしをしている連中や、 amazon 等で、有名な著者を叩くことで、自己重要感を満たしているような、 「ド素人のレビュワー」にはならないよう、注意しましょう。

③パワーサイトのスタイル編 比較/ランキング・スタイルの作り方と戦略

今回は、商品やサービスの比較や、 ランキングをメインとしたパワーサイトのスタイル、 「比較/ランキング・スタイル」について、分かりやすく解説いたします。 このスタイルのキモ。価値の生み出し方 どの商品/サービスを購入するかを迷っている訪問者に対して、 「決定打」となる情報を提供し、背中を押してあげるのが、このスタイルの役割です。 「迷っている人に、一番いい選択を提案する」 これが、この「比較/ランキング・スタイル」のキモです。 特に、良質な商品や、類似商品が沢山あるジャンルで、有効なスタイルになります。 比較/ランキングのカテゴリは、何も「売れ筋順」や「人気順」だけではなく、 ・悩み別 ・年齢別 ・地域別 ・使う状況で選ぶ ・価格で選ぶ ・気分で選ぶ などなど、色んなユニークなアイデアを出すことで、 」 他のサイトとの「差」を見せつけることができます。 主に構成されている記事の種類 主に、 「比較記事」「対比記事」「ランキング記事」で構成されている。 きっちりと、判断基準となる、根拠のある情報を掲載するのがポイントです。

効果的なアフィリエイト・プログラムの種類

このスタイルで稼ぐなら、 高単価を狙える、成果報酬型(A8、インフォトップ等)の、プログラムがオススメです。 物販商品、情報商材など、あらゆる商品やサービスに有効です。 特に物販アフィリエイトのジャンルでは流行したスタイルです。 ただ、「稼ぐ系」と呼ばれる、難易度の高い情報商材を成約させるには、 詳細なレビューや、特典を付けたりした方が効果的です。 しっかりと、レビューしたページと、 「比較/ランキング」のサイトも別で作って、連動させるといいでしょう。

稼げない!NG なサイト構築についてNG なサイトは、

●「全ての商品がオススメです!」と書かれたサイト ●比較やランキングの根拠が示されておらず、適当に商品を並べているサイト などです。   基本的に、人間は選択肢が増えて迷ってしまうと、 「行動を起こさない」「何もしない」という行動をとります。 パソコンがフリーズするような状態になってしまうのです。」 なので、訪問者が、 「あれもいいな。これも。ああ、これも…ああああ!」 と、 迷ってしまうような商品の並べ方、紹介の仕方をしたり、 訪問者が決断できるだけの根拠(情報)が乏しいサイトは、 なかなか成約に ●良い商品と、それを求めるお客さんを、結び付けることに喜びを感じる人 ●参入するジャンルに詳しい、もしくはリサーチすることに抵抗のない人 基本的には、たくさんの商品をサイト上で並べ、比較/ランキングするわけなので、 きちんとした情報を提供し、成約に結び付ける為には、 各商品の特徴をシッカリと把握しておく必要があります。

④パワーサイトのスタイル編 ショップ型アフィリエイト・スタイルの作り方と戦略

今回は、 ネットショップのように、関連商品やサービスを、ずらりと並べたパワーサイトのスタイル、 「ショップ型アフィリエイト・スタイル」について、分かりやすく解説いたします。 このスタイルのキモ。価値の生み出し方 ネット上で購入できる商品を、 アフィリエイター独自のコンセプト(視点)で、 厳選し、ショップ形式で紹介します。 いわば「セレクトショップ」のような役割をするのが、 このスタイルの特徴です。 数ある商品を、一つの場所(サイト)に集めることで、 訪問者が「一つ一つ商品を探す手間を省く」ことになります。 それが、このスタイルの生み出す価値であり、キモです。 価格や性能を比較するコンテンツや、 選び方、ランキングなどの記事も掲載すると、非常に効果的です。 主に構成されている記事の種類 主に、「誘導案内記事」で構成されている。商品のちょっとしたオススメポイントを、 説明するだけでも売れやすいので、ライティング力はあまり必要ないです。

効果的なアフィリエイト・プログラムの種類

このスタイルで稼ぐなら、クッキー報酬を狙える、 楽天、Yahoo、amazon 等の商品や、 物販系 ASP の商品プログラムがオススメです。 情報商材は、高額な上、一般的には「怪しい」と思われているので、 ずらっと商品を並べて案内しただけでは、売りにくいでしょう。 きっちり成約させるためには、詳しいレビューや特典戦略なども、必要になってきます。

稼げない!NG なサイト構築についてNG なサイトは、

●なんでも屋。あらゆるジャンルの商品を紹介しているサイト ●ターゲットやコンセプトが明確でなく、適当に商品を並べただけのサイト ●どれがオススメ商品、イチオシの商品なのかを、強調できていないサイト (買う決断をしてもらうためには、迷わせてはいけません) などです。 訪問者を迷わせない、という点では、「比較/ランキング・スタイル」と共通する部分も多いです。 トップバナー、オススメ商品、カテゴリを分かりやすくすることで、 一気に成約率を上げることができます。 この辺は、ネットショップの構成が非常に参考になります。

どんな人に向いているか

●独自の視点、コンセプトを作り、数多ある商品を厳選できる人 ●ネットショップ型のサイト構成を作るのが好きな人 ●ポップを作ったり、おすすめコーナーを考えたり、 「お店づくり」をするのが好きな人   といった方には向いています。 「ネットショップ型の構成のサイト+クッキー報酬型のプログラム」という組み合わせであれば、 さほどライティング力が無くても、軽く「誘導案内」するだけで、売れてしまいます。 そのかわり、稼ぐ為には、面白い切り口やコンセプトを考えたり、 分かりやすいカテゴリ、サイト作成、といったスキルが求められます。

⑤パワーサイトのスタイル編 日記/エッセイ・スタイルの作り方と戦略

  自分自身の、日々の面白いエピソードや、 考え方、思考、メッセージ等をつづったパワーサイトのスタイル、 「日記/エッセイ・スタイル」について、分かりやすく解説いたします。 このスタイルのキモ。価値の生み出し方 商品を紹介する 「アフィリエイター」というより、 自分自身をブランディングし、ファンを集める、 いわゆる「ブロガー」と呼ばれるスタイル。 ※ちなみに、大きな影響力を持つブロガーや、多くの読者を持つブロガーを「アルファブロガー」と言います。 ・世の中の出来事に対するエッジのある意見 ・日常生活を斬新な視点で、面白くする語り口 ・個性のある強烈なキャラクター 以上のような要素で、訪問者を楽しませ、エキサイティングにすることが、 この「日記/エッセイ・スタイル」の価値であり、キモになります。 エッセイスト、小説家、コラムニスト・・・ といったイメージを持って、 自己ブランディングをしていく感じです。 最近では、テキストだけでなく、 ポッドキャスト(音声)を組み込んだブログや、 You Tube 等の動画投稿サイトを、 上手く活用した、「ビログ」(ビデオ・ブログ)も注目を集めている。  

主に構成されている記事の種類

主に、「日記記事」「エッセイ記事」「プロフィール記事」 等で構成されている。 効果的なアフィリエイト・プログラムの種類 訪問者(ファン)は、基本的に、記事の内容を楽しみに見に来ます。 商品のレビューや、比較情報を探しに来ているわけではなく、 「ブロガー」の面白いエピソードや、思想、ライフスタイルを見て、楽しみに来ているのです。 よって、効果的なアフィリエイト・プログラムは、 アドセンス等のクリック課金型広告や、 楽天アフィリエイト等のクッキー報酬を見込めるプログラムです。 大量のアクセスを集めれば集めるほど、 広告をクリックしてもらえる可能性が高まりますので、 報酬もアクセスに比例していきます。 ベタベタと広告を貼るのではなく、あくまで「さりげなく」載せておくことがポイントです。

稼げない!NG なサイト構築についてNG なサイトは、

●クソつまらない、平凡な日常生活のレポート (「ラーメン食べた」「友人と遊んだ」など) ●クソつまらない、自己満足な、家族サービスの模様 ●たいしたことのない風邪、病気、体調不良の報告 などです。 いわゆるフツーの生活をしている、フツーの人の、 フツーの意見を書いたブログは、 退屈で面白くないので NG です。 たまに、インディーズ・バンドのアーティストが、 アメブロ等で、日常生活を書いているのを見かけます。 おそらくは、 メジャーアーティストや、芸能人のブログを見て、マネをしているのだと思いますが、 これだと、なかなかファンを増やすのは難しいです。 有名な人と、無名な人とでは、「戦略」がそもそも違います。 滅多に会えないような、雲の上の存在の、 メジャーアーティストや、芸能人が、 「日常生活」を公開するから「価値」が生まれます。 「え? あの有名人●●の日常生活が暴露?」 「あのカリスマ・アーティストの素顔を見たい」 「へえ~。意外と庶民的なんだな。親近感がわいた!」 と、なるわけです。 僕たちのような、その辺の一般人が、平凡な「日常生活」を公開したところで、 何の興味も持たれることはありません。 無名の一般人なら、 ・独特の語り口 ・斬新な視点 といったコンテンツで勝負をかけるしかありません。

どんな人に向いているか

●目立ちたがり屋 ●自己アピール、自己ブランディングが得意な人 ●目の付けどころが違う人 ●文章で人を引きつけることができる人 ●話すのが得意な人(音声や動画にすると効果的) ●人とは違った、波瀾万丈な人生を送ってきている人 ●日常の何気ないことでも、面白くできる人 といった感じです。 どれか一つでも当てはまれば、比較的向いているでしょう。 スター性、カリスマ性のある人や、独特な世界観や、 人とは違う意見を持っている人、 クリエイター気質の人には、向いているスタイルです。

ニッシーの運営ブログ

初心者にやさしいアフィリエイト講座
http://www.xn--1-nfud2bza2ad0c.xyz/tokyo/
超初心者のための情報商材レビューサイト
http://review2020.xn--1-nfud2bza2ad0c.xyz/
ネットビジネスで自由人に!
http://sibaryou555.blog.fc2.com/
フェイスブック
https://www.facebook.com/nishimura.susumu
Twitter
https://twitter.com/sibaryou0224?lang=ja
メール
sibaryou3@gmail.com

ベスト寝具
http://bestsleep.ocnk.net/

 

皆さん、稼いでいますか?

私が、アフィリエイトを始めたころに、苦労したことなど、

これからアフィリエイトまたは、物販、YouTubeを始めようと

いう、初心者に、アドバイスできることがあれば、伝えていきたいと思い

このブログも立ち上げました。

優秀な超アフィリエイターさんは、いっぱいいます。

いきなりむつかしいノーハウを学ぶのは大変ですよね。

一緒に、成長していけたらいいですね。

特典

情報商材アフィリエイトで稼ぐ方法

情報商材アフィリエイトは実績がないとできない

そう思われている方も多いようですが、これは完全にウソです。

あなたは、初めて訪問したブログで、管理人の実績を確認しますか。

私は、「記事が面白いか」「コンテンツが充実しているか」をみます。

トップアフィリエイターのブログは、すべて実績を載せているか。

そんなことはありません。

逆に「俺は稼いでるぜ」「私は稼いでいる」だけを強調しただけでは、感じが悪いと反感を買うこともあり、

マイナスに働く可能性もあります。

アフィリエイトを紹介しているサイトは

確かに多いけど、そこの管理人の人ってそんなに

稼いでいるものなのかな…と……^^;

そもそも作者自身も、そんなに稼いでいるようには、

思えない部分もあったりするんですね。

「今のご時世、これだけじゃね…」というのが僕の感想でもあり

今の情報商材アフィリ市場や紹介している人サイトなどを見れば

「内容の物足りなさ」つまり、大きな成果に直結するとは思えないんですよね^^;

確かに基本操作など役立つと言いますか

価値が全くないとは言わないけど、ここまでの内容だと

恐らく伸びないだろうな~と言う部分が多数ある。

むしろ今の情報アフィリ業界を見れば

それも一目瞭然なわけです。

情報商材アフィリエイトの代名詞のようになっているけど、どうなのかな?と思える部分は、

多々ありますね^^;

無料メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
 
Powered by メール配信システム オレンジメール
スポンサーリンク




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事