ntiishi です。

「何を書けばいいんですか?」なんてアホな質問をしている人はどこでもいますが、
いつも「いやいや、あんたには何か伝えたいことはないの?」と思いますね。

需要のあるジャンルで、役に立って、尚且つそれを面白く伝えりゃなんでもいいんですよ。
義務教育じゃあるまいし、そんなもん他人に頼ってたら一生稼げません。

そもそも何を書けばいいのか分からないジャンルでビジネスをすること自体、
おかしいということに本人は気づいていません。

だって、ビジネスをする以上、プロだし、プロっていうのは常にお客さんのことを考え、
お客さんのためになるものを提供するのが義務じゃないですか。
それができないなら、それはもはやビジネスではありません。
だから、あなたがやるべきジャンルというのは、

1、今めちゃくちゃ詳しい分野
2、興味がある分野

のどちらかです。
で、どちらをするにも確実に効率よく稼ぐビジネスの作り方というのがあります。

まずは 1 の、今めちゃくちゃ詳しい分野ですが、これは「自分が経験した辛いことや、
過去に悩んだコンプレックスを解決できた方法を伝えるビジネス」です。

例えば

・昔太っていたけど痩せた→痩せた方法を教える
・不治の病で両親を亡くした→同じようにその病気のせいで
悲しむ人を増やさないように医者になる

・昔いじめられていたが、ボクシングを始めたらいじめられなくなった→
いじめられないようになりたいと思っている人のためにボクシングジムを運営する
などなど、いくらでもでてきます。

僕の場合、昔クセ毛で悩んでいたこともありますが、高 2 のときに直毛になって
人生変わりましたし、それを活かして「くせ毛 直す」とかのキーワードで
PPC や SEO をかけて美容院アフィリエイトとかもできます。

また、昔「こんなのがあればもっと世の中便利だったのになあ」
と思えるようなものを作るのもいいでしょう。
このように、過去の辛い経験やコンプレックスというのは、
見込み客の気持ちが分かるだけでなく、その解決方法も知っているので、
やりがいをもってビジネスができますし、本当に良い商品を作ることができるのです。

ただし、

・あなたが昔悩んでいたことやコンプレックスがすごく特殊で、
ほとんど同じ悩みを持っている人がいない場合
・そもそも自分には悩んだこともなければコンプレックスもない
という場合(そんな人いないと思うけど)
は、2 の興味がある分野を選択します。

「niishi さん、僕には興味がある分野がありません!」
という場合は、ビジネスをやめましょう。

それか、”お手軽楽々副業♪”的なノウハウを買い続け、騙され続けてください。
そうじゃない場合は、自分が極めたいと思っているジャンルを選びます。
で、この場合「圧倒的な知識や実績を付けてから情報発信するとなると、
すごい遠回りじゃないですか?」というような意見が出るでしょう。
そこで、解決策があります。

名づけて”魔法の錬金術”です(笑)

魔法の錬金術というからには、ものすごい裏技みたいなことを想像
するかもしれませんが、めちゃくちゃシンプルなことです。
それでいて、絶大な効果を発揮するのでこういう風に言っています。

では、魔法の錬金術とはどういうことをするのかというと、本をお金に換えます。
本をお金に換えるというのは、いらない本を売るという意味でも
せどりで儲けるという意味でもありません。

本で手に入れた知識をそのままブログや youtube などで発信するということです。
例えばあなたが”経営のコツ”という本を読んだとします。

その本で役に立ったなと思うようなことを抜粋してブログや
youtube で発信したり、経営に関するサイトを作ったりするのです。

コツとしては、その本全体の要約をして長々と 1 本のコンテンツに
まとめるのではなく、テーマを決めて小分けに出していくということです。

1 本にまとめてしまうと、その分内容が薄くなってしまいますし、
その記事や動画にしかアクセスを集めることができないので媒体力が伸びません。
ちなみに動画は 5 分前後のものがベストで、15 分以上のものになると
再生回数が減ったり離脱率が増えてしまうそうです。

だから、1 本に要約してしまうと苦労の割に成果に結びつかなくなってしまいます。
なので、範囲を狭くして、そのことについて深く話す方が良いです。
その方が見ている人もためになりますし、
多くのコンテンツを作れるのでアクセスアップにも繋がります。

つまり、1~200 ページまでを一気に発信するのではなく、
・16 ページに書いてあった○○について
・43 ページに書いてあった■■について
・88 ページに書いてあった△△について

という風に狭く深いコンテンツを量産していくわけです。
こんな感じでやっていけば、200 ページもある本なら、
その本だけで動画 10 本くらいは撮れますよね?

本なんて 1 冊 1500 円とか、ちょっと高くても 3000 円くらいで買えるものなので、
動画 10 本も撮れば余裕で投資金額を回収できます。

そもそも手に入れた知識というのは実践で使って初めてお金になるんです。
でも、多くの小難しい本を読んでも、
知識が増えるばかりでなかなか実践できないですよね?

経営に関するノウハウなんてまさにそうです。
「あーなるほどー」で終わって実際に会社を起こして本に書かれていた
経営ノウハウを実践する人なんてほとんどいないと思います。

それでは 1 円の価値も生み出しません。
つまり、普通に本を読んで満足してるだけでは
情報商材のノウハウコレクターと変わらないのです。

確かに本で知識を蓄えれば蓄えるほどいろんなことにチャレンジできますが、
その知識を応用してお金を稼ぐというのはかなり難しいのです。

でも、本に書いてあったことの中で役に立ったものを
世に発信するだけなら簡単ですよね?

その本を読んで、その分野の専門家になるよりもはるかに簡単だと思います。
経営以外の例えを挙げれば、筋トレの本を読んでボディビルダーになるのと、
その筋トレの本に書いてあった知識自体を教えるのは
どっちが簡単ですか?みたいなものです。

多くの人は、本を読んでもお金に結び付く行動ができていないために
無駄な出費をしてしまっています。

でも、このノウハウを使えば、無駄な投資というものが一切なくなるわけです。
本を読めば読むほどお金になる。
まさに、魔法の錬金術でしょ?(笑)

本当に簡単ですし、知識量に比例して収入も増えていくのでやればやるほど得をします。
というわけで、2 パターンの儲かるビジネスの作り方をお話しました。

あなたは、どちらの方法でしょうか?

今日の講義でひらめいたことや、思いついたビジネスなどがあれば教えてくださいね!
では

ニッシーの運営ブログ

初心者にやさしいアフィリエイト講座
http://www.xn--1-nfud2bza2ad0c.xyz/tokyo/
超初心者のための情報商材レビューサイト
http://review2020.xn--1-nfud2bza2ad0c.xyz/
ネットビジネスで自由人に!
http://sibaryou555.blog.fc2.com/
フェイスブック
https://www.facebook.com/nishimura.susumu
Twitter
https://twitter.com/sibaryou0224?lang=ja
メール
sibaryou3@gmail.com

ベスト寝具
http://bestsleep.ocnk.net/

 

皆さん、稼いでいますか?

私が、アフィリエイトを始めたころに、苦労したことなど、

これからアフィリエイトまたは、物販、YouTubeを始めようと

いう、初心者に、アドバイスできることがあれば、伝えていきたいと思い

このブログも立ち上げました。

優秀な超アフィリエイターさんは、いっぱいいます。

いきなりむつかしいノーハウを学ぶのは大変ですよね。

一緒に、成長していけたらいいですね。

特典

情報商材アフィリエイトで稼ぐ方法

情報商材アフィリエイトは実績がないとできない

そう思われている方も多いようですが、これは完全にウソです。

あなたは、初めて訪問したブログで、管理人の実績を確認しますか。

私は、「記事が面白いか」「コンテンツが充実しているか」をみます。

トップアフィリエイターのブログは、すべて実績を載せているか。

そんなことはありません。

逆に「俺は稼いでるぜ」「私は稼いでいる」だけを強調しただけでは、感じが悪いと反感を買うこともあり、

マイナスに働く可能性もあります。

アフィリエイトを紹介しているサイトは

確かに多いけど、そこの管理人の人ってそんなに

稼いでいるものなのかな…と……^^;

そもそも作者自身も、そんなに稼いでいるようには、

思えない部分もあったりするんですね。

「今のご時世、これだけじゃね…」というのが僕の感想でもあり

今の情報商材アフィリ市場や紹介している人サイトなどを見れば

「内容の物足りなさ」つまり、大きな成果に直結するとは思えないんですよね^^;

確かに基本操作など役立つと言いますか

価値が全くないとは言わないけど、ここまでの内容だと

恐らく伸びないだろうな~と言う部分が多数ある。

むしろ今の情報アフィリ業界を見れば

それも一目瞭然なわけです。

情報商材アフィリエイトの代名詞のようになっているけど、どうなのかな?と思える部分は、

多々ありますね^^;

無料メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
 
Powered by メール配信システム オレンジメール
スポンサーリンク




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事