記事の作成編

まずは詳細な説明の前に、記事の書く段階で重要なポイントを述べておきます。

1.文章の初めには ●●です⇐管理人名 で始める。

記事の中には、管理人名を入れて ●●です。そして ●●でしたというように 始まりと 終わりで名前を入れる事で相手に名前が浸透し易くなりますし検索エンジンでも名前で 引っ掛かり易くなってきます。

2. 文末と商品の紹介部分はアフィリエイトコードを挿入してアフィリエイトリンクを 踏んで貰う事を意識してください。批判でも批判じゃなくても共通です。

記事の中で商品を紹介する場合は、アフィリエイトコードを踏んで貰う工夫をする事。 記事の末尾などでも再確認の為にもリンクがある状態にして、「アフィリエイトリンクがクリックされ易い状 態」にしておきましょう。

3.文章はやんわり書く。話掛けられやすいようなイメージを意識 ※顔文字など使うとイメージも変わります。

記事の中では固い文章より柔らかく、話言葉のような記事の方が良いです。 例え文章が上手でも固くなると読み手は、壁を作ってしまいます。

4. 見出しタグを使う。

見出しタグとは H2 H3 H4 という HTML タグです。

見出しタグについて参考 URL http://whitehatseo.jp/%E8%A6%8B%E5%87%BA%E3%81%97%E3%82%BF%E3%82%B0hn%E3%82%BF%E3%82%B0-h1%EF%BD%9Eh6%E3%81%AE%E4%BD%BF%E3%81%84%E6%96%B9/

5. 記事タイトルを 記事本文の文中に絡める事。

簡単に言うと記事タイトルにはキーワードが含まれている筈なので、その キーワードを本文中に散りばめるという事です。 10も20も必要ないですが、1000文字数であれば、3回~5回程度が好ましいと思います。

6. 記事はできる限り盾に長く横に短く、改行も読み易さを意識する。 もちろん、各段落ごとにでも改行を入れるようにしてください。

記事は横に長くせずに縦に長くを意識するべきです。 同時に各段落や切り替えの場合には改行を入れて下さい。 改行のスペースは2~4行を意識してください。

7.ユーザーから質問が届くように工夫をする事。メルマガへのリンクが 見える位置にある事。

質問や相談にしても無いよりある方が伸び易いです。

だから質問したいと思ったら、すぐに目に止まる分かり易い位置に質問フォームへの誘導が ある方が好ましいです。

質問をしたいと思っても、フォームなどが分からなければ その時点で、質問するという選択を排除するケースもあります。

8.商品情報は最低でも販売者名を本文に入れる

※販売者名検索する人も居るので記事には、名前を含む方が良い

9.記事には商材の事だけでなく人間味を出す事も文頭などに

書いたりして親近感を与える工夫をする

この商品は良いです、これは詐欺です・・・とかやっていても売れません。

メリハリをつける事は大事ですが、漠然とした記事を書いても売れません。

自分のキャラクターの世界の中に置いたら、どう見えるのかが一番面白い部分です。

そして商材系の記事でもその中に自分のブランディングに繋がる事を盛り込むようにする。

10.記事を書き慣れたらテンプレート化して記事の構成を

パターン化する。⇒早く書けるようになる

どれだけセンスがあっても作業量が遅いと話になりませんし、 なかなか成果も出ない時こそ、作業が遅いとモチベーションも低下してきます。

そういう人は、とにかく別途早く記事を書くコツを掴む事です。

ここまでのポイントは必須です。意識するようにしてください。

では進んでいきましょう!

まず 何を書くのかも 売る商品によるのですが できる限り同ジャンルでいきましょう。

ビジネス系なら ビジネス系 投資なら投資系

ダイエットならダイエット系。

という風にブログジャンルを絞るようにしてください。

基本的には 僕のやり方は、購買意欲の高い人のみを集中して集める方法です。

その方法について少し解説していきたいと思います。

ここまでの流れは、理解できましたか?

もしも分からない場合は遠慮なく連絡してくださいねw

恐らく “何でそうするのか?”これが理解できない人は 応用が利かなくなり その都度その都度 変化が起きるたびに

うまくいかず挫折してしまいますので しっかり読んで理解できない事は聞いてください。

今からお金を支払う準備のある人を集める方法とそのポイント

それでは、属性の絞り方について解説していきます。

”自分が集めたい人を どのように効率良く集めるか“です。

これは ブログの記事で変えていく事ができます。

あなたが A という商品を紹介しようとしていたとします。

例えば

1. A の商品を買うと決断した人 2.A の商品を買おうか悩んでいる 3.A の商品の存在を知っている 4.A の商品の存在を知らないけど悩みの解決法を探している人 5.A の商品について何も知らない人

まず漠然と見て これらの人に商品を売る場合は どれが一番簡単でどれが難しいかと言うと 簡単なのは 1です。※リンク誘導だけでも売れます。

一番難しいのは最後の5.この場合は商品を告知して その商品のメリットなどを伝えて“欲しい”と思わせないといけません。

1日やそこらで教育は不可能です。

ですから 狙うのは 1番から3番の客層です。

4番、5番に関しては、無視で構いません。

この場合の1~3の属性がどういった語句で検索をするかを知る必要性があるわけです。

まず1番とかは 恐らくモロに商品名でしょう。

そして2番目なんかは 内容をもっと知りたいとか本当に大丈夫なのか? これが自分で納得する為に 納得できる 情報のあるページを探したりします。

この辺は完全に初心者レベルの人達ですね。

つまり商品名検索、あるいは 商品名+@ 例えば レビュー 暴露 口コミ 比較 インチキ 詐欺 感想 販売者名 などを商品名の前後に入れて検索するケースが多いです。

また これらは ある程度知識のある人の検索方法で 初心者の検索方法に関しては、

商品名 大丈夫か? 商品名 ホンモノか?

など 検索エンジンを誰か人間に質問するかのような 検索キーワードは初心者の可能性が高いです。

どっちかというと 下の方の属性は 数多くのレビューサイトがあってどうとか 基本的に この業界の仕組みも知らない人が多いので その気になっているならば、購入までの決断が早く 他のサイトと比較したりしない傾向が強いです。

またもう一つメリットとしては 意外に この類の検索ワードは あまり記事に書く人が少ないので 検索ボリュームは少ないですが、マッチすると上位表示もされ易いです。

どっちをやるかは勿論自由です。

基本的には、アクセスを本腰を入れて集めるのであれば、メインサイトで記事書いて

サテライトで 関連するキーワードのブログを作って誘導していく イメージになるので その辺は自由にしてください。

一概に、どのキーワードが良いとかは、元サイトにもよれば商品によっても 変わるので、一概に「これが一番」という事はありません。

キーワード選定に関して更に細かい事を言うと この手の商品名検索というのは、既に商品を知っているからこそ検索しているので 物販アフィリ同様に、購買意欲の高い人達なのです。

ある意味商品名での検索は、的を絞り込んだ検索ですので、 「何かアフィリエイトで稼ぐ方法ないかな」と検索する人よりは、目星も定まり、その日の内にでも 購入するような次元の人が多いです。

しかし、そういうった人達にどのような記事を書けば良いのか?です。

記事の内容に関して

共感を得る記事を書くのに超初心者が一番やり易いのは批判系です。

商品名で検索して購入を検討している人にとって 批判した情報を与えるというものです。

意味や根拠のない批判は、ダメだと思いますが根拠があれば否定的な意見も理論を並べて書けば 自分のブランディングにも繋がります。

よく批判がどうとかってグズグズいう人も居るのですが、関係ありません。 悪いと思うものを悪いと書く事、そしてそれよりも良いと思うものを良いと書く事は、

合理的な内容であれば、もちろん構わない話なのです。

周りにどう思われようと関係もなく、それで反応が取れる人が居るなら その人達だけを囲っていけば良い話です。

また購入前などだけでなく よく使われるのが 返金キーワードです。

これは、 買って後悔している人 買って悔しがっている人や 「今悩んでいる人」にも、何かしら情報を与える事によって相手は貴方に好感を示すという事です。

一番手っ取り早く共感を得られる方法で今最もメジャーなのでは、無いでしょうか?

ほぼ、高額オファー高額案件は、酷いものが多いし、無料オファーを見ていても 穴だらけの部分もありますから そういった部分を見て記事にする事は、構いません。

大多数の人が参加して後悔するものが殆どですから、ネタとして扱うには良いでしょう。

しかし、詐欺とかそういう話ではなく、ここで注意して貰いたいのが ただ批判するのではなく 買った人 買おうと考えていたユーザーの気持ちになって記事を書く事です。

厳密に言うと詐欺であろうと優良であろうと、どうでも良い話ですよね?

仕掛ける側の視点で言えば、その商品名や企画名検索をしている人を いかに自分の 読者にしていくか?が重要なポイントで

結論的に、書いた商品が詐欺だとか良いとかは 関係のない話なのです。

狙いは、検索する人に存在を知らせる事、興味を持ってもらう事なのです。

だからこそ記事を書く際には、 逆算して言うと、“この商品に興味のある人は、こういう人だ“というのを見極めて 記事を書くと言う事です。

適当に駄目とか詐欺とかって書いてるだけの記事も稀に見ますが 信憑性ないなーというものが多いです^^

また こういった部分でも “誰の発言か”は重要です。 キャラ設定でも大きく左右されるので 注意してくださいね^^

また しっかりした記事を書こうという時は、 常に書いた事に対して“なんで?”と問い正して掘り返す事で良い記事が書けます。

それでは更に順番に進んでいきましょう。

記事の書き方

とりあえず 前回もお伝えしたように Google 検索でもして情報収集をしながら、その情報を元にして自分の視 点で書くと言う事です。

ブログやサイトというのを一つの世界と考えて、その世界から見た視点で記事を書くわけです。

例えば、カレーライスは日本でも定番ですが、それを中国の国に持っていくとどうなるか? というところです。

すごく適当な例ですが、それぞれ過去の経験や知識により形成された世界観の中に 一つの商品を置いて、どう映るか?が面白いところだという事です。

これが、「誰が見ても同じような事」であれば、その辺のニュース記事をリライトしているのと 何ら変わりありません。

自分のサイトの趣旨、管理人のキャラで、そのサイトの世界が出来上がります。

普通で何のインパクトも無ければ、そこから発信する情報もインパクトの無い物になる…というわけです。

またもう一点。 商品名キーワードで、記事に飛んできている人は、情報商材は何か?を熟知していますし その商品の存在も知っている訳です。

●既に買った人 ●買う前の人 ●買おうか悩んでいる人

と 様々です。

ですから興味を抱いて貰う事で あなたの推薦している商品にも 興味を抱いて、購入に至る事もあるので、直接的に収益にも繋がる事も出てきます。

つまり “あなたが良いと判断した商品を買いたい!”こう思って貰う事です。

もちろん批判して蹴り落とすというわけでもなく 自分の中で感じた事を書くに越した事は、ありません。

ただ、高額案件などは、じっくり見ると、批判的な意見しか出てこないものばかりなので 批判系の記事になってしまうだけの話ですね。

大事なポイントは詐欺であるとか良い商品とかでなく “その商品に興味を持った人”を 取り込む事です。

別に詐欺だ~とか言わなくても良いんです。 その対象となる記事で、何かしら自分のブランディングと繋げたり、あるいは、 自分が紹介している関連商品に興味を持ってもらえば良いというだけです。

詐欺と書く事や素晴らしいと書く事がポイントではなく、あくまでも大事な事は 狙った商品名のキーワードで記事を書くという事です。

おおよそメジャーな商品に関しての記事は、WEB 上でもその内容がほぼ確実な線で公開されています。

その記事を見つけていけば購入しなくても情報商材の内容や 批判されるポイントを掴む事ができます。

https://www.google.co.jp/webhp?hl=ja&tab=ww

もちろん商材を購入して書いていくという事は理想ですが、最初こそお金をかけたくない人も 多い筈です。

今まで手にした情報などがあれば記事ネタとして使う事が可能です。 まずは所有しているものから入っていくと良いかもしてません。

検索エンジンで商材名などで検索してみると色々な情報が出てきます。

※複合キーワードで商品名+詐欺とか危険とか感想とかで検索すれば良いです。

一つの商品に対する情報収集が完了して、どういう視点、角度でその商品について 映しだして、どのようにブランディングに繋げるかを考えて記事を書いていきましょう。

記事タイトルは、商品名+@ で記事を書くわけです。

尚、商品名とは、ASP 登録商品名だけでなくセールスページで読み取れる商品名や 検索しそうなキーワード全てを含んで考えて下さい。

ASP の登録商品名で検索する人は基本的に慣れた人で超初心者とは違う事が多いです。

ポイントや記事が分かり易かったサイトはお気に入りにでも 入れて覚えておきましょう。

また 記事が分かり難ければ 記事を書いてる管理人に さらに詳細を質問すれば 教えてくれます。

件名に 本当に参考になりました

とか書いておけば 機嫌よく何でも返信してくれるでしょう(笑

始めの間はこれを繰り返す事で色々な業界の情報なども 知る事ができて どんどん真似ていく事で知識がついてきます。

その流れで利益が出てくれば商材を買ったり 塾に入ったりして※経費で計上できます。 しっかりとしたレビューを書く事ができるようになります。

恐らく“商材を購入してお金を稼ごう“という精神だと、なかなか身につきませんが 自分が情報発信する立場になれば話も変わってくると言う事です。

ずっと真似し続けろとは言いませんが、資金的にも余裕がなくて 記事一つ書くにしても まだ手慣れない間は 商材を購入してレビューを書いたりするのも大変だと思います。

ある程度の収益が上がるまでは 物真似からで構いません。

ただ一通りの記事を読んで、漠然とした部分を参考にして、 自分の世界で映しだして書いていくというのがポイントです。

そして、ある程度の段階から記事内容をずらして関連するノウハウの話などに 切り替えて繋げる事で、うまくやれば「この人詳しいんだな 参考になるな」と言う事に 結びつくわけです。

商品名キーワードのアクセス⇒「この人詳しいんだな 参考になるな」と思わせる。

商品名キーワードのアクセス⇒「こういった商品もあるんだな」と知らせる。

商品名キーワードのアクセス⇒「メルマガに登録しておこう」

というように繋げる事を意識してください。

物真似だけでも やりきる事はできますが 更に反応の高い

コンテンツ記事を作る為に 同時に意識して欲しい事は、セールスページをかみ砕いて読む事です。

批判するにしても売ろうとするにしても セールスページをしっかり読めば 矛盾点も見つける事もできるし お客さんがどうして検索を繰り返すのか?

セールスページを読んで何が引っ掛かって検索しているのか? など お客さんの不安要素が見える筈です。

またセールスページを読んでいれば お客が何に反応を示したのかも 察する事ができるようになります。

記事を書く前に消費者の立ち場になって読む。

これも意識して記事を書いてみてください。

商材系の記事を書いた人は、無料でアドバイスを行います。 URL を添えて貰えれば対応しますので是非活用して下さい。

●この商材の特典どうすれば良いとか、

●ユーザーからこんな質問が来たけど・・・

●批判系のもの、優良なもの関係なく、褒める部分や批判する部分を お伝えします。

●何を推薦すれば良いかなど・・・

このサポートを使う事で しっかり記事を書けると思いますし 優良として取り上げるにしても しっかりと特典を作る事ができます。

投資系の一部とか特殊ジャンル系は対応できない場合があるかもしれません。 それは了承してくださいね^^

【まとめ】

自分のサイトに訪れて欲しい属性が興味を持ちそうなもの、持っているようなコンテンツを ネタに記事を書く。

↓↓↓ 商品がどういうものか分からない場合は、他のアフィリエイトサイトを見たり質問をして 商品に対しての情報を把握する。

↓↓↓ リサーチの結果、その商品が、どういうものかを把握できれば、その記事を何に結びつけるかを考えていく。

メルマガ登録、類似商品の告知などなど・・・ ↓↓↓ 記事のイメージ象が湧いたら記事タイトルを決めて記事を書き上げる。

以上となります。

とりあえず、何でも良いから書いてみるという事をやってみてくださいね。

コンテンツボリュームと内容について

ここまでの流れで記事を書くという事は理解できたと思いますが 続いては、どんどん記事数を増やしていきましょう。

とにかく どんどんカテゴリ分けをして質の高いコンテンツを増やす事を意識してください。

始めの間はとくに 情報の質とコンテンツ量です。

例えアクセスを集めても 情報量が乏しいサイトはページビューも少なく 見る側も面白くありませんし リピーターになる事も考え難いわけです。

消費者目線で言いますと、ある程度の情報コンテンツが揃っていると “ここのサイトチェックしとこう…”となる訳です。

コンテンツボリュームが少ない間はとにかくコンテンツを作る事を意識してください。

お金を消費して貰う事も大事だけど、その前に必ず、時間を消費してくれる場所を作らないと 話になりませんからね。

またその増やしていくコンテンツに関しても、お奨めする商品の割合や、そうでない割合についてですが この辺については、任せます。自由にしてください。

しかし ある程度のメリハリを付けている方が読む側としては信憑性を抱いてくれます。

【アクセスを集める為のポイント】

記事に書く商材についてですが、できるだけ知名度のある商品を狙ってください。

売れているという事は 多くのアフィリエイターが 推薦してメルマガを配信したりしているので 必然的に 認知度も高く検索ボリュームも増加傾向にあると言えます。

検索されない商品ワードで上位表示しても全く意味がありません(笑

具体的には、取り扱うアフィリエイターが多いものなどですが結論から申し上げると 無料オファーなどは、拡散力に優れているので、記事ネタとしては、検索ボリュームを 拾う事ができます。

ただ、記事を書く時に気を配って欲しい事が、ターゲット層についてです。

ただ、なんでも記事さえ書けば良い・・・というわけでもありません。

「自分のサイトに来てほしい人」を対象に記事を書かなければいけないのです。

アクセスしてくる属性を絞る事も重要です。

今回の事例で行くと 記事を書く商材で購入者レベルが変わります。

批判記事でも推薦記事とか関係なく、とにかくセールスページや LP など それらが、どういう人を対象にした商品かをセールスページで見極めるというわけです。

おおよそセールスページを見れば「この商品を気にする人は こういう人だろう」といった 予測を元に書くネタ(商品)を選定する必要があるわけです。

同じお金儲け系の情報商材でも、例えば中身の分からないような即金系の情報商材について書けば そういったものに興味を抱いている人のアクセスが増えますし

逆に高度な商材を選べば そういった商材を探す人は少し高度な人のアクセスとなってきます。

もっと追究すれば 同じアフィリエイトノウハウでも 様々なレベルのものがあるので 書く記事の商材によって アクセスしてくる属性が全く違うという事です。

初心者が買いそうなもの 上級者が買いそうなもの

…というイメージですね。

始めやり易いのは初心者をターゲットにしたものが一番良いですが それと同時に推薦して売る商品も 同レベルに合わせる方が 成約率は高まります。

商品レベルをできる限り統一すると言うイメージですね。

商品キーワードで、アクセスを集めてメルマガ読者を増やしても 最終的には そのサイトで何かを売るのですから その売る物がかけ離れてレベルの高すぎるものだと

あなたの集めたリ ストは、最終的に購入には至らないという事です。

つまり商品レベルが違い過ぎて興味を抱いてくれなくなるわけです。

この辺も少し意識してくださいね。

それでは、本章はこの辺で終了します。

ニッシーの運営ブログ

初心者にやさしいアフィリエイト講座
http://www.xn--1-nfud2bza2ad0c.xyz/tokyo/
超初心者のための情報商材レビューサイト
http://review2020.xn--1-nfud2bza2ad0c.xyz/
ネットビジネスで自由人に!
http://sibaryou555.blog.fc2.com/
フェイスブック
https://www.facebook.com/nishimura.susumu
Twitter
https://twitter.com/sibaryou0224?lang=ja
メール
sibaryou3@gmail.com

ベスト寝具
http://bestsleep.ocnk.net/

 

皆さん、稼いでいますか?

私が、アフィリエイトを始めたころに、苦労したことなど、

これからアフィリエイトまたは、物販、YouTubeを始めようと

いう、初心者に、アドバイスできることがあれば、伝えていきたいと思い

このブログも立ち上げました。

優秀な超アフィリエイターさんは、いっぱいいます。

いきなりむつかしいノーハウを学ぶのは大変ですよね。

一緒に、成長していけたらいいですね。

特典

情報商材アフィリエイトで稼ぐ方法

情報商材アフィリエイトは実績がないとできない

そう思われている方も多いようですが、これは完全にウソです。

あなたは、初めて訪問したブログで、管理人の実績を確認しますか。

私は、「記事が面白いか」「コンテンツが充実しているか」をみます。

トップアフィリエイターのブログは、すべて実績を載せているか。

そんなことはありません。

逆に「俺は稼いでるぜ」「私は稼いでいる」だけを強調しただけでは、感じが悪いと反感を買うこともあり、

マイナスに働く可能性もあります。

アフィリエイトを紹介しているサイトは

確かに多いけど、そこの管理人の人ってそんなに

稼いでいるものなのかな…と……^^;

そもそも作者自身も、そんなに稼いでいるようには、

思えない部分もあったりするんですね。

「今のご時世、これだけじゃね…」というのが僕の感想でもあり

今の情報商材アフィリ市場や紹介している人サイトなどを見れば

「内容の物足りなさ」つまり、大きな成果に直結するとは思えないんですよね^^;

確かに基本操作など役立つと言いますか

価値が全くないとは言わないけど、ここまでの内容だと

恐らく伸びないだろうな~と言う部分が多数ある。

むしろ今の情報アフィリ業界を見れば

それも一目瞭然なわけです。

情報商材アフィリエイトの代名詞のようになっているけど、どうなのかな?と思える部分は、

多々ありますね^^;

無料メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
 
Powered by メール配信システム オレンジメール
スポンサーリンク




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事