スポンサーリンク




スポンサーリンク

肌が黒くなる原因

肌が白くならないのは、メラニンと古い角質が溜まっているから

過剰なメラニンと古い角質の蓄積は、ターンオーバーの乱れが原因です。ターンオーバーの乱れは、紫外線やスキンケア、乾燥やストレス、生活習慣の乱れが複雑に絡み合って起こります。

日焼け

紫外線を浴びると、肌の奥にの基底層にあるメラノサイトが活性化して、メラニンを作り出します。

睡眠不足

ターンオーバーが最も盛んに行われているのが22時から24時の間です。この間にぐっすりと質の良い睡眠をとることで驚くほど効率が上がり、美白へと繋がるようです。

色白になる方法!

1,日焼けをしない

首までしっかり日焼け止めを塗りましょう。
日焼け止め効果のある化粧下地でも良いです。

長時間紫外線を浴びてしまうと、メラニンが作られてしまいます。ターンオーバーが乱れてしまうと、新陳代謝が悪くなりメラニンが残ってしまいます。

2,ビタミンを摂取する

3,ヨーグルトを食べる

乳酸菌ヨーグルトや乳酸菌飲料などを食べたり飲んだりすると色白で美しい美肌になると言われています。
乳酸菌を食べることによってお通じが良くなり、結果活き活きとした素肌が作られるという好循環サイクルが生まれます。

4,正しい洗顔

正しい方法は、

・肌をこすらず、成分を浸透させるように洗う
・なるべく1回で済ます(メイクが落ちない場合は2回以上も可)
・タオルは柔らかいモノを使い、おさえるように水滴を吸収させる

強く擦ってしまうと、肌が炎症を起こします。炎症を起こすと、それを抑えるためのメラニン色素が発生してしまうのです。

まとめ

以上が肌を白くする方法です。
ここに紹介した方法で色白美人になりましょう。

Source: 美容法ネイバーまとめ




Twitterでフォローしよう

おすすめの記事