スポンサーリンク




Young woman crying after receiving a text while doing her makeup
スポンサーリンク
女性の肌の悩みは尽きませんよね、、

これだけやっておけばすぐに美しい肌になります!!

是非ご覧ください!!

夜のクレンジングは丁寧に行い、しっかりとすすぐことがポイントです。
力を入れず、落とす方向も正しく行ってください。
メークにかかったのと同じ時間をかけてメークオフします。

目元&口元と顔全体の2段階で行うのが鉄則です。将来のシワやくすみを予防することができます。

朝洗顔

朝は洗顔料を使いません。
素洗いだけで十分です。やさしく円を書くように洗います。
タオルも押さえるだけ、絶対にこすりません。
こすることで角質が落ち過ぎてしまいます。

Nature Rhythm

泡洗顔

泡を使った洗顔は指と顔の肌が触れないように行います。できるだけ摩擦を少なくします。

美肌になるための基礎化粧品

ちふれや無印良品、ハトムギ化粧水など低価格でも品質とコストパフォーマンス(コスパ)が

クチコミなどで定評のある人気コスメです。費用を掛けたくなければこれらを選びましょう。

以下の成分が配合されている化粧品を使いましょう。
ビタミンC誘導体
壊れやすいビタミンCを安定化のがビタミンC誘導体です。

肌でビタミンCになってシミに効果がありあます。ニキビ予防にも効果があります。

ヒアルロン酸


水分保持の役割が有り、角質の水分を高めます。
セラミド
バリア機能が高いセラミドは肌の水分の蒸散を防ぐ働きがあります。

(ETVOS)ミネラルファンデーション スターターキットM

美肌になるための正しい食事

タンパク質は肌をつくったり、代謝を高めてターンオーバーの働きを整えます。

タンパク質は肉や魚、卵などに含まれ肌の主成分になります。

体は食べたものを材料として作られています。
美の基本は食事にあります。
肌は外から作られるのではなく、ほぼ100%内側から作られるのです。
食べた栄養素が吸収され、体を作り上げる仕組みにのって、私たちの体になっています。
コラーゲンもヒアルロン酸もセラミドも体の中で作られます。

古くから日本に伝わる発酵食品は微生物が介在することによって栄養素が生み出されます。


納豆、みそ、麹などの発酵食品で腸内の微生物バランスを整えます。

腸内細菌のバランスが崩れるだけで美肌にはなれません。それくらい大切なことです。

外食で油料理を食べるとだるくなることがあります。
食べた後にスッキリ元気になる料理を提供するレストランもあります。

エゴマ油、亜麻仁油、クルミ油などオメガ3系脂肪酸を多く使い、

サラダ油、コーン油、ゴマ油などオメガ6系脂肪酸を少なく

使用するレストランが理想的です。ライスは玄米がオススメです。

家では普段からコラーゲンを補給する。
激うまのコラーゲン鍋ひとつで一日に推奨されるコラーゲンを補うことができます。
一度作ればその簡単さと美味しさ、

コラーゲン量を取れるということで必ず鍋のローテーションのひとつになると思います。

コリコリ感がたまらない!

美肌になるための睡眠

睡眠不足が美容に悪いというのはもはや常識です。

わかってはいてもついつい夜ふかしをしてしまう人も多いですよね。

成長ホルモンの分泌は、体が休んでいる状態で深い睡眠状態の

「ノンレム睡眠」の時に多く分泌されます。

またこのときには肌の修復や新陳代謝が活発になっているので寝ている間に修復され、

肌がキレイになるのです。

人が睡眠によって得られるのは成長ホルモンやプロラクチンというホルモンです。

成長ホルモンは細胞の生まれ変わりを促して美肌にし、

プロラクチンはバストの維持や母性本能を司る女性にとってはとても大切なホルモンです。

寝不足が続くとこれらのホルモンのバランスが崩れ、お肌が荒れるようになります。

浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠を繰り返す「睡眠単位」はおよそ90分で、

成人の場合はこれを4~5回繰り返しています。

美肌のためには6時間、または7時間半の睡眠を確保する必要があります。

マイルドクレンジングジェル

日常的に乾燥させている

日常的に肌が乾燥していると肌が荒れやすくなります。
肌が乾燥すると、肌を守るバリア機能が衰え、通常では整って並んでいる角質細胞が反り返り、

水分が蒸発しやすくなります。さらに肌に有害な細菌やカビ、

アレルゲンなどが侵入し、 かゆみや炎症を引き起こします。

美肌になるための紫外線対策

紫外線を日常的に受けていることは肌にとってとても悪影響があります。
人間の体はもともと紫外線による障害を修復する機能がありますが、

紫外線を浴びることを何度も繰り返すうちに慢性的な反応が起きます。

この「慢性的な反応」というものは、日光に浴びた後から数ヶ月後に現れるもので、

皮膚のしわやしみなどの障害が出てきてしまいます。

肌のコラーゲン量を減少させてシワを増やしたり、

シミを作ったりする一番の原因は紫外線です。
人が生まれてから今まで受けてきた紫外線の量で、

現在のコラーゲン量が決まっているといっても言い過ぎではないと思います。
出来れば日光にあたらない、

帽子や長袖などで物理的に紫外線から身を守ってほしいのですが、

それが無理なときは日焼け止めを正しく塗ってください。

顔を触る癖や摩擦

頬杖をついたり、顔をかいていまう、鼻をつまんだりといった癖はありませんか?

このような癖は心理的な要因もありますが、肌荒れの原因にもなってしまいます。

なぜいけないのかというと、このように顔を触ったり、掻くといった行為は肌を傷つけてしまいます。

美肌になるための入浴方法

お風呂では皮脂を落としすぎることが多いです。
美肌のための入浴法は以下の5カ条を守りましょう。

美のためのお風呂 5カ条

熱いお湯はとにかくNG
洗いすぎはNG
湯上り後10分以内にスキンケア
長過ぎるお風呂はNG
入浴後は良質な睡眠を

入浴することで血行が良くなり、新陳代謝も促されたりリラックスできるなど、

お肌にとって良い影響があります。

しかし、入浴することで肌荒れが改善することはなく、

肌にとって間違った入浴方法もあるのです。

運動

運動は健康のためや痩せるために行う人がいますが実は、肌にも関係しています。

運動には次のような効果があります。

血行が良くなることで肌の代謝がアップする
基礎代謝が上がり痩せやすくなる
成長ホルモンの分泌がアップする
セロトニンが分泌される
体の歪みがとれて頭痛や肩こりなどが軽くなる
自律神経が安定して深い睡眠が取れる

酸素を必要とする有酸素運動は、

深い呼吸で酸素を取り入れながらゆっくりとエネルギーを燃やし、

ダイエットに効果的といわれている、体に負荷がかかりにくい軽めの運動です。

長時間の継続が可能ですが、20分以上行うことがポイント。

血行促進、新陳代謝を高め、美肌やむくみ解消効果が期待できます。

ウォーキング、ジョギング、ヨガ、水泳、サイクリング、縄跳びなどがあります。

運度をする習慣がないままいきなり運動を始めると、心臓へ負担をかけたり、

思わぬ怪我の原因にもなりかねません。

まずは、日常生活の中で運動量を増やすことから始めてみましょう。

起床時、就寝前に軽いストレッチをする
雑巾がけやお風呂掃除など、全身を使った掃除をする
エスカレーターやエレベーターではなく、できるだけ階段を使う
移動手段を自転車に変えてみる
通勤または帰宅時に1駅分歩いてみる

Source: 美容まとめネイバー




Twitterでフォローしよう

おすすめの記事