スポンサーリンク




スポンサーリンク

にきびケアと化粧品
にきびの予防やにきび跡のケアには日頃から自分に合った基礎化粧品を選び、
にきびが出てしまった時はメイクを控えることが重要です。
にきび跡のケアに関係してくることとして、洗顔も自分にあった洗顔料を用いて行い、
適切な肌のケアをすることが重要です。
化粧品の中でも、メイク用のものはにきび跡のケアには不向きです。
そしてにきびを悪化させる原因となるファンデーションは、毛穴を塞いでしまいますので、
肌にはあまり良くありません。
ごしごしこすったり、刺激の強い化粧品を使うとにきび跡がさらに濃くなります。
それから刺激の強い化粧品や肌に負担となるものの使用は控えるようにしましょう。
にきびがある時は肌が敏感になっているからです。
油分が少なく刺激の少ないクレンジング剤を選んで、化粧品を落とすようにすることも不可欠です。
オイルクレンジングを、油の落ちがよいからという理由で使う人も多いようです。
オイルクレンジングは、成分に油分が含まれているので毛穴に残ることもあり、
にきび跡にはよくないのものです。
クレンジングには、オイルフリーの流せるタイプのクレンジングか肌への刺激が少なくお勧めです。
最近よく使われている拭き取りタイプのクレンジングはにきび跡にはあまりよくありません。
化粧品を完全に汚れを落としきれるものではありませんし、
防腐剤や防カビ剤が含まれているからです。
にきびのケアには、自分の肌に適した化粧品選びが非常に重要なことなのです。
にきび対策のための化粧水
どのような化粧水をにきびのできやすい人、にきび跡が残る人は使うと良いのでしょうか。
そして化粧品をにきびが出来た際に使う時にはどんなことに気をつければよいのでしょうか。
保湿はにきび予防にもにきび跡のケアにも重要なポイントです。
にきび跡があるからと肌がベタベタするのを嫌って化粧水をあまりつけない人がいますが、
それは良くありません。
もし化粧水の使用を控えてしまうと、保湿がおざなりになってしまいます。
すると皮膚は肌を乾燥から守るために余計な皮脂を分泌し、その皮脂によってにきびが増え、
逆ににきび跡も悪化してしまうことがあるのです。
余計な皮脂が出ないように、肌に潤いを与えることが化粧水をつける目的なのです。
脂性肌の人には化粧水で水分や油分を補うことに抵抗がある人もいますが、
自分の肌質に合った化粧水を選ぶと、にきび跡のケアにもなります。
脂性肌の人におすすめの化粧水は、さっぱりタイプのものです。
注意したいのは、アルコール入りの化粧水です。
これは化膿したにきびがあるとヒリヒリすることがあるからです。
あまりにきびの状態が良くないときは、アルコールの入っていないタイプの化粧水を選択しましょう。
反対に乾燥肌の人はしっとりタイプの化粧水が良く、
肌へ保湿成分をしみこませるようにコットンで優しくパッティングをするようにします。
化粧水が古くなった場合は、肌にもにきび跡にも良くない影響を与えますので
つけないようにしてください。
もったいないかもしれませんが、捨ててしまうより他ありません。
にきびケアの化粧品
にきび跡が残った肌や、にきびのある肌などにも心配することなく
使えるにきびケア用の化粧品はどんなものがあるのでしょうか。
にきび跡を化粧品で隠すことに躍起になっていると、
毎日のメイクは休むことができないばかりでなく、
ついついメイクが厚くなりがちなので、肌への負担は増してしまいます。
これでは本当の肌の状態は悪化する一方ではないでしょうか。
にきびができている肌にも優しい化粧品を使うことで、
肌に負担にならないメイクを心がけたいものです。
にきびケア用の化粧品は、色々なメーカーからシリーズで販売されています。
特に無添加、自然派の化粧品はにきびケアに向いているといえるでしょう。
化粧品の中でも油性のものは、毛穴を塞ぎにきびを悪化させてしまいます。
それによりにきび跡を増やしてしまいますので使用しないことです。
硫黄の入ったものが、にきびケアの化粧品の中にはあるようです。
若い人の肌には向いていますがある程度年齢のいった大人向きではないといえます。
肌がカサカサしてしまい、かえって肌荒れする原因になりますので留意しましょう。
にきびを作らないことが、にきび跡を作らないためには大切なことです。
洗顔が不十分で化粧品が十分に落ちていなかったり、汚れた手で触ったことが原因だったり、
ストレスや生活習慣の乱れから発生するにきびもあります。
にきびをケアを化粧品で行うと同時に、
にきび跡には根本的な部分からの改善をしていくようにすることが必要だといえます。




Twitterでフォローしよう

おすすめの記事